中原区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

井田山でホタルの輝きを 6月2日から観賞会

文化

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena
同会のメンバー
同会のメンバー

 中原区市民健康の森(井田2の32)でホタル観賞会「ヒカリノモリヘ」が6月2日(金)から4日(日)まで行われる。午後7時半から9時まで。参加無料。当日は300匹を超えるホタルが井田山の夜を彩る。

 昨年は3日間で約4000人が訪れた人気イベント。主催する同森を育てる会(塚原幸博会長)が「井田山の環境を活かし、この辺ではあまり見ることのできないホタルを育てたい」と5年前にゲンジボタルの幼虫とヘイケボタルの成虫を約240匹放流したのがきっかけだ。以来、森や池の手入れに力を注いできた。

 「川の水は15度前後でなければいけないし、クモやザリガニなどの天敵がいるとすぐに食べられてしまう」と同会ほたる班責任者の加藤和男さんはホタルを育てる難しさを話す。この森は天敵は多いが、清水が湧いており、水が綺麗なことが特徴だという。そのため、カワニナがしっかり繁殖し、ホタルの住みやすい環境が整っている。

 塚原会長は「ホタルは1、2週間程度しか生きられない。1年でこの時期だけの貴重な光をぜひ楽しんで」と話している。

 申し込みは不要で雨天決行。駐車場はないため、会場へは徒歩や公共交通機関の利用を。問合せは塚原さん(【電話】044・788・6579)へ。

以前のホタルの様子
以前のホタルの様子

中原区版のローカルニュース最新6

「女性活躍」新たに18社

川崎市

「女性活躍」新たに18社 社会

中原区は計8社に

1月22日号

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者

大谷戸小4年 志村佳祐君

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者 社会

大谷戸小学校4年の志村佳祐君「夢は近代五種のプロ」

1月22日号

今井小で万引き防止授業

今井小で万引き防止授業 教育

中原署が紙芝居など交え

1月22日号

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月22日号

地域の交通安全推進

地域の交通安全推進 社会

委員25人、中原署から委嘱

1月22日号

LGBT、企業理解深めて

LGBT、企業理解深めて 社会

川崎区でセミナー

1月22日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク