中原区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

井田山でホタルの輝きを 6月2日から観賞会

文化

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena
同会のメンバー
同会のメンバー

 中原区市民健康の森(井田2の32)でホタル観賞会「ヒカリノモリヘ」が6月2日(金)から4日(日)まで行われる。午後7時半から9時まで。参加無料。当日は300匹を超えるホタルが井田山の夜を彩る。

 昨年は3日間で約4000人が訪れた人気イベント。主催する同森を育てる会(塚原幸博会長)が「井田山の環境を活かし、この辺ではあまり見ることのできないホタルを育てたい」と5年前にゲンジボタルの幼虫とヘイケボタルの成虫を約240匹放流したのがきっかけだ。以来、森や池の手入れに力を注いできた。

 「川の水は15度前後でなければいけないし、クモやザリガニなどの天敵がいるとすぐに食べられてしまう」と同会ほたる班責任者の加藤和男さんはホタルを育てる難しさを話す。この森は天敵は多いが、清水が湧いており、水が綺麗なことが特徴だという。そのため、カワニナがしっかり繁殖し、ホタルの住みやすい環境が整っている。

 塚原会長は「ホタルは1、2週間程度しか生きられない。1年でこの時期だけの貴重な光をぜひ楽しんで」と話している。

 申し込みは不要で雨天決行。駐車場はないため、会場へは徒歩や公共交通機関の利用を。問合せは塚原さん(【電話】044・788・6579)へ。

以前のホタルの様子
以前のホタルの様子

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook