中原区版 掲載号:2017年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

クライミング神奈川県大会 今井小5年生 福本くんが頂点に 国体へ向け育成強化選手に

スポーツ

金メダルと賞状を手に笑顔の福本くん
金メダルと賞状を手に笑顔の福本くん
 市立今井小学校5年の福本朝陽くん(10)が、先月行われた県山岳連盟主催のクライミング県大会「男子キッズ(14歳以下)・リード」の部門で優勝を決めた。将来の国体候補として育成する強化選手にも選出された。

 リードとは、クライミングの壁に打ち込まれた支点に自らロープを掛けながら岩壁を登っていく競技。体力や筋力だけでなく、手足の掛け場や体勢など戦略面も重要となる。国際基準の高さ15メートルの難しい課題だったが、ミスなく完登を果たした。「嬉しかった。昨年のリベンジを果たせて良かった」。

 最年少で初挑戦した昨年は失格。その悔しさを忘れないために、ゼッケンを部屋の壁に貼り1年間練習を重ねてきた。今回の優勝で、将来の国体候補として育成するジュニア強化選手にも選ばれた。「目標はジュニア五輪の表彰台。でも今はクライミングできることが幸せ」と目を輝かせる。

「成功するまで継続できる子」

 福本くんがクライミングに出会ったのは小学1年の頃。自宅近くにクライミングのジムがオープンし、体験したことがきっかけ。それからは、ジムの定休日を除く週6日通い、今も飽きずに続けている。クライミングジム代表の加藤高士さんは「初めは登るのを怖がっていた普通の子だった。でも、目標を定め成功するまでコツコツと練習を継続できる子は一握り」と称える。そんな息子の姿に両親は、趣味の登山とともにクライミングができる自然の岩がある地を訪れることが週末の楽しみになったという。「普段はシャイな子。でも登れた時はガッツポーズなど感情を出す。本当に好きなんだなって」と母・まさみさん。「大人になったら世界の岩を登ってみたい」。壮大な夢へ一歩一歩、あくなき挑戦は続いていく。

優勝した大会の様子
優勝した大会の様子

中原区版のトップニュース最新6件

改良土 使用再開へ

川崎市公共工事

改良土 使用再開へ

2月23日号

2カ所で渋滞緩和へ

区内交差点

2カ所で渋滞緩和へ

2月23日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク