中原区版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 区民会議 休止へ 第6期後、在り方再検討

政治

 区民が主体となり、まちの課題解決に向けて検討する「区民会議」が来年、休止することがわかった。休止時期は、現在活動中の第6期委員が任期満了する来年3月と6月(区によって異なる)。川崎市はその後活動の総括を行い、2019年3月までに再開か廃止かを含めて方針をまとめる予定だ。

◇  ◇  ◇

 区民会議は、区民主体で行政とともに地域課題の解決を目指すことをテーマに2006年から各区でスタート。委員は推薦や公募で集まった約20人。1期2年で委員に就任し、防災や防犯、地域コミュニティ構築などの課題をあげ、調査審議を行ってきた。解決策をまとめて、期ごとに区長に審議結果や対策案を提出する一方で、案の実践や解決のための継続的な取り組みが課題とされていた。

 これを受けて川崎市は区役所改革の一環で、昨年6月に「川崎市共に支え合う地域づくり検討委員会」を発足。区民会議だけでなく、まちづくり推進組織や地域包括ケアシステムの構築もふまえて調査審議。今年3月にまとめた報告書内で、市民が主体となるこれらの組織について「今後、必ずしも既存の区民会議の枠組みを前提とせず(中略)新たなしくみを検討することが必要」と提言していた。

 中原区区民会議ではこれまで、防災、ゴミ問題、交通マナーなどの課題について審議。少しでも実践できるテーマを選び活動に取り組んできた。3期にわたり委員を務める成田孝子委員長は「陳情ではなく、まちのことを行政と話せる有意義な場だったが、中原区は10年で外部からの人口が増え、価値観も多様化している。委員の抽出方法や会議の開催時間などを検討する必要があるが、区民参加型のしくみはあってもよいのでは」と話した。

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク