中原区版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

(PR)

がん早期発見 内視鏡検診を 川崎市立井田病院

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
伊藤医師(左)と大森医師
伊藤医師(左)と大森医師

 厚生労働省が先月公表した「2016年人口動態統計」によると、日本人の死因第1位は男女ともに悪性新生物(がん)だった。中でも胃がん、肺がん、大腸がんが3大要因となった。これを受け、市立井田病院の内視鏡センター所長大森泰医師は「胃・大腸がんは、早期発見できれば高い確率で治療できる。内視鏡での定期検診が大切。発見した場合、内視鏡で切除できるため必ず受けてほしい」と話す(同院の2016年度胃がん発見率は1・01%)。

 胃・大腸がんは、初期症状を自覚するのはどちらも難しく、血便などの症状が出てからでは8割が進行がんで手遅れとなってしまうことが多いという。同院副院長の伊藤大輔医師は「40歳を過ぎたら、積極的に受けてほしい。内視鏡は体への負担を考慮し、胃は1〜2年に1回、大腸は2〜3年に1回の検診が望ましい」と指摘する。

 同院の内視鏡センターでは、医師や看護師を含む約20人でチーム医療に取り組んでいる。1日で胃と大腸の検診を行うこともでき、女医による大腸鏡検査も実施。受診後の休憩室も完備。「大切なのは、見つけること。自分にとって信頼できる医療機関で受診しましょう」と大森医師。

川崎市立井田病院

川崎市中原区井田2-27-1

TEL:044-766-2188

http://www.city.kawasaki.jp/33/cmsfiles/contents/0000037/37855/ida/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

不動産を無料で査定

不動産3社×タウンニュース 春の特別企画

不動産を無料で査定

応募締切は4月30日まで

4月9日号

新しい訃報のカタチ

新しい訃報のカタチ

平安会館みやうち ご葬儀相談受付中

4月9日号

初めての人の手話講座

初めての人の手話講座 社会

5月から 参加者を募集

4月2日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

4月2日号

ホームページで情報発信災害時にも即対応

修理で新品同様に

捨てられない靴、カバン

修理で新品同様に

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク