中原区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

川崎市長選 福田氏 40万票で再選 歴代最多得票、2氏破る

政治

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
当選確実の一報を受け、支援者と握手を交わす福田氏=22日午後8時過ぎ
当選確実の一報を受け、支援者と握手を交わす福田氏=22日午後8時過ぎ

 任期満了に伴う川崎市長選挙が10月22日に投開票され、無所属で現職の福田紀彦氏(45)が川崎市長選挙過去最多の得票数となる40万票超を獲得し、いずれも無所属新人の吉沢章子氏(53)、市古博一氏(69)を破り2選を果たした。衆議院議員総選挙の投開票が同日に行われた今回の投票率は52・3%で、前回を19・48ポイント上回った。

 当選確実が報じられ、福田氏は「期待にしっかり仕事で返していきたい」と語った。新たなマニフェストでは子育て支援の拡充や超高齢化社会を見据えた地域の仕組みづくり、臨海部を中心とした産業都市計画の推進などを訴え、幅広い層の支持を集めた。

 23日の会見で福田氏は、2期目にまず手掛ける施策として、競輪・競馬事業での収益金を若者支援やひきこもり支援に充てる「子ども・若者応援基金(仮称)」創設に向け、今年度中に条例提案する方針を示し、「マニフェストを着実に実行し、 『最幸』のまちを市民と一緒につくっていきたい」と抱負を語った。

 市議を14年務めた吉沢氏は、市の財政見直しや子育て支援の充実、高齢者医療、介護の最適化などを強調。22日夜、事務所で支援者に深々と頭を下げ、「市政は市民のもの。党派を超えて個人の意思で多くの支持をいただいた」と感謝を述べた。

 市古氏は、市による臨海部の大規模開発等を批判しつつ、認可保育園・特養ホームの増設などを訴えてきた。同日夜に事務所で敗戦の弁を語った上で「市政を市民本位に変えていくという声は、選挙活動を通して確実に広がった」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

市内で減少 コロナ影響か

運転免許自主返納

市内で減少 コロナ影響か 社会

75歳以上は顕著

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク