中原区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

地震保険「正しい認識を」 保険代理業者らが呼びかけ

社会

キャンペーンを行った参加者ら
キャンペーンを行った参加者ら
 損害保険の普及と契約者の保護を目的に活動する(一社)神奈川県損害保険代理業協会は10月20日、溝の口駅前で地震保険の加入を呼びかけるキャンペーンを行った。地元の保険代理業や提携企業ら約20社が参加し、通行人に「火災保険だけでは地震の損害は補償されません」などと呼びかけ、ビラを配布した。

 同協会によると、関東地区の地震保険加入率は60%超に留まるという。地震が起因する火災により建物が延焼しても、一般的な火災保険だけでは補償の対象外となる。過去の震災でもその認識不足が多く見られたことから、同協会の山本弘子さんは「地震保険は被災時には生活費やローン等にも充てられる。正しい認識をもって」と呼びかけた。

中原区版のローカルニュース最新6件

音楽とダンスの祭典

中原区音楽ライブ「インユニティ」開催

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000087764.html

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク