中原区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

中丸子南緑道緑を守る会で長年、緑道の整備に尽力する 浦野 昭志さん 中丸子在住 90歳

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena

人の縁、草花でつなぐ

 ○…「全国花のまちづくりコンクール」で奨励賞を受賞した「中丸子南緑道緑を守る会」。手入れされた花壇だけでなく、保育園や小学校の体験学習の場にもなっており、自立した活動と地域コミュニティの活性化への取り組みが評価された。「最高にうれしい。近頃は会にとっていいことばかり。緑道にいる神様の仕業じゃないかって思うよ」と顔がほころぶ。

 ○…2代目会長として長年尽力し、現在も最年長メンバーとして活動。周囲からは「縁の下の力持ち」のような存在と言われることもある。不法投棄などもある荒れ放題だった緑道を、1998年から初代会長と共にボランティアで整備。季節ごとに草花が咲く現在の中丸子南緑道の礎を作った。「100種類の花を咲かせようとしたり、通る人全員にあいさつしてみたり。いろんなことに挑戦したね」と目を細める。今では作業中、通行人などさまざまな人から声を掛けられるほどに。「皆からありがとうと言われると、ドキンときちゃうね」

 ○…長野県出身。稼業の農業を手伝っていたが、終戦で兄が戻ったのを機に20歳で上京。区内に本社を構えた化粧品や日用品の問屋の営業として働く、自他ともに認める会社人間だった。70歳まで勤務した後1カ月と待たず、妻の勧めで緑道の作業を手伝うように。「今思えば、農業に対する憧れがあったのかもしれない」。土いじりがもともと好きで、農業を継ぐために通った学校の知識も役に立った。「今は天気なら半日は緑道にいる。家にいると家内に心配されちゃうんだよ」

 ○…「活動を続けていられるのは、現会長や周りのメンバーのおかげ。感謝しかない」と、どこまでも謙虚な姿勢を崩さない。人員不足のボランティア団体が多い中、同会は今年、メンバーが6人も増えた。「すごい社会人経験を持った人が集まってくれて会が大きくなった。人に恵まれたね。皆から元気をもらってるよ」

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク