中原区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

中丸子南緑道緑を守る会で長年、緑道の整備に尽力する 浦野 昭志さん 中丸子在住 90歳

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena

人の縁、草花でつなぐ

 ○…「全国花のまちづくりコンクール」で奨励賞を受賞した「中丸子南緑道緑を守る会」。手入れされた花壇だけでなく、保育園や小学校の体験学習の場にもなっており、自立した活動と地域コミュニティの活性化への取り組みが評価された。「最高にうれしい。近頃は会にとっていいことばかり。緑道にいる神様の仕業じゃないかって思うよ」と顔がほころぶ。

 ○…2代目会長として長年尽力し、現在も最年長メンバーとして活動。周囲からは「縁の下の力持ち」のような存在と言われることもある。不法投棄などもある荒れ放題だった緑道を、1998年から初代会長と共にボランティアで整備。季節ごとに草花が咲く現在の中丸子南緑道の礎を作った。「100種類の花を咲かせようとしたり、通る人全員にあいさつしてみたり。いろんなことに挑戦したね」と目を細める。今では作業中、通行人などさまざまな人から声を掛けられるほどに。「皆からありがとうと言われると、ドキンときちゃうね」

 ○…長野県出身。稼業の農業を手伝っていたが、終戦で兄が戻ったのを機に20歳で上京。区内に本社を構えた化粧品や日用品の問屋の営業として働く、自他ともに認める会社人間だった。70歳まで勤務した後1カ月と待たず、妻の勧めで緑道の作業を手伝うように。「今思えば、農業に対する憧れがあったのかもしれない」。土いじりがもともと好きで、農業を継ぐために通った学校の知識も役に立った。「今は天気なら半日は緑道にいる。家にいると家内に心配されちゃうんだよ」

 ○…「活動を続けていられるのは、現会長や周りのメンバーのおかげ。感謝しかない」と、どこまでも謙虚な姿勢を崩さない。人員不足のボランティア団体が多い中、同会は今年、メンバーが6人も増えた。「すごい社会人経験を持った人が集まってくれて会が大きくなった。人に恵まれたね。皆から元気をもらってるよ」

中原区版の人物風土記最新6

太田 猛彦さん

2019年度川崎市文化賞を受賞した「かわさき市民アカデミー」の学長

太田 猛彦さん

今井南町在勤 77歳

12月6日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区在勤 57歳

11月29日号

新橋 さち子さん

川崎ボッチャクラブの代表を務める

新橋 さち子さん

麻生区在勤 36歳

11月15日号

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク