中原区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

川崎市 新庁舎 25階建てに 各部署を集約

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は本庁舎等の建て替えについて、新本庁舎の基本設計を先月24日公表した。地下2階、地上25階の構造で、これまで複数の建物に分散していた部署が本庁舎を中心に集約される。

 基本設計で示された新本庁舎の概要は、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造等の免震構造。延床面積は基本計画から微減の約63200平方メートルに変更された。高さは約116メートルと発表されていたが、今回、階数が地下2階、地上25階と免震層になることが明らかになった。約160台分の駐車場に加え、約80台分の駐輪場も設けられる。

 市の担当者は「議会機能も新本庁舎の上層階に入るなど、これまで分散していた機能が本庁舎を中心に集約される。業務効率化をはじめ、市民にとって利用しやすい庁舎が実現できる見通し」と期待を込める。

災害時も役所機能を維持

 地震などの災害時でも、市役所機能を維持するための設備が新本庁舎の特徴の一つ。建物周辺に通う耐震性の高い都市ガス(中圧ガス)を活用した、非常用発電機と装置を設置する。商用電源が途絶してもガスによる自家発電が可能で、市役所の通常業務に必要な電力の約9割をまかなう。

 ガス途絶時もオイルのみで非常用発電機を使って発電し、通常業務に必要な電力の約7割を7日分確保できるという。

 被災時のトイレの水を確保するため、職員が8日間業務できる量を貯蓄する緊急汚水槽も整備。さらに、電力で排水を浄化して再利用できる、全国でも例の少ない設備を導入し、トイレの持続的な使用が可能になるとしている。

 基本設計に基づく概算事業費は計440億円を見込み、旧本庁舎地下部分解体を含む新築工事費が基本計画から約10億円増額となった(旧本庁舎地上部分解体工事関連費約4億円が含まれておらず、実質は約14億円増)。

 2019年度に建築工事に着手。新本庁舎は22年度に完成を予定している。

中原区版のトップニュース最新6

市内初の「分煙強化型」に

武蔵小杉駅喫煙場所

市内初の「分煙強化型」に 社会

煙拡散を軽減

12月13日号

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 社会

インバウンド効果に期待

12月13日号

8年ぶり男女で県V

市立橘高バレー部

8年ぶり男女で県V スポーツ

「春高」への切符掴む

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化

12月6日号

30日、武蔵小杉に乗り入れ

相鉄・JR直通線

30日、武蔵小杉に乗り入れ 経済

県央部へのアクセス向上

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク