中原区版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

市政報告 平和教育と戦没者追悼式について 川崎市議会議員 松原しげふみ

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 終戦から72年が過ぎた本年も日本各地で平和を祈る追悼式が行われました。本市では、72年前の昭和20年4月15日に川崎大空襲があり、市内の約1/3に当たる10万人が罹災しました。川崎市でも戦争によって尊い犠牲となられた戦没者、戦災死者の御霊を慰め追悼することを目的に、毎年10月に川崎市と川崎市遺族連合会の主催により「川崎市戦没者追悼式」が、今年も例年にならい10月に川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で執り行われました。式典には遺族連合会を中心としたご遺族の皆様の御参列をいただきましたが、ご遺族の皆様も高齢化されており追悼式への参列も減少しつつあります。 

 こうした状況の中、市ではご遺族をはじめとした広く市民の皆様に参列いただけるよう各広報に努めると共に、舞台への昇降階段を緩やかにし、献花の際の時間軽減を図るなど高齢者の方に配慮した対応を図ってきましたが、参列者の減少は続いております。

 学校教育に於いても、一年間を見通した教育課程の各教科で平和教育が行われております。一例ですが、社会科の学習では小学校6年生や中学校の歴史単元で第二次世界大戦から戦後復興の歴史的事実を学習することで、国際協調と国際平和の実現に努めることの大切さに気付くことができるよう指導が行われています。さらに市内中学52校中5校が修学旅行先として広島市を訪れ、平和学習が行われています。広島市では、あの夏の日を忘れないよう「原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」に於いて、子ども代表が献花を行い「平和の鐘」をならす役割を担っています。

 このような広島市の状況をふまえ、以前私は議会の一般質問で、川崎市でも児童・生徒の代表に追悼式に参加することについて伺ったところ、「国、県、他の政令指定都市(広島市も政令市)に於いてもそのような例はない(広島市では参加しているのにもかかわらず)」との答弁でありました。

 私は本市の追悼式の取り組みについては見直すことが必要であると考えております。戦争を知らずに育った世代が多くを占める時代となっている現在、戦没者追悼式の休日等の開催により、若い世代の方々を含め家族ぐるみで御参列いただき、戦争の悲惨さや恒久平和について話し合う機会となるよう願っております。

今年の戦没者追悼式の様子
今年の戦没者追悼式の様子

松原しげふみ事務所

中原区新城5-2-3

TEL:044-751-8855

中原区版の意見広告・議会報告最新6

効果的な児童虐待対策を

市政報告Vol.4

効果的な児童虐待対策を

川崎市議会議員 重冨たつや

11月15日号

多摩川水害の克服を

市政報告vol.52

多摩川水害の克服を

自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月8日号

台風19号から2週間

市政報告Vol.5

台風19号から2週間

川崎市議会議員 松川正二郎

11月1日号

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

市政レポート

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

自民党川崎市議団 原 典之

11月1日号

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

市政レポートNo.118

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

10月25日号

被害を繰り返さないために

市政レポートVol.4

被害を繰り返さないために

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月18日号

必見!幼保無償化の裏側。川崎市と国とで実は財源をめぐる熾烈なバトルが繰り広げられていた!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク