中原区版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

従来よりも短時間で検査が可能に 健診で発覚する「緑内障の疑い」 東急武蔵小杉駅直結ららテラス4F「さこう眼科」

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena
酒匂丈裕院長
酒匂丈裕院長

 東急線武蔵小杉駅直結、ららテラス4階の『さこう眼科』は、様々な症状に対応できる体制を整えている。

 子育て世代が増える中原区で、働き盛りのパパなど、40代以上に多い緑内障の危険性について酒匂丈裕院長は注意を促す。「緑内障は眼の中の視神経がおかされることで、見える範囲(視野)が狭くなったり、欠けたりする病気です。しかし、日常生活では対象を両目で、目を動かして見ているため、違和感に気付きにくく、知らない間に進行していきます。40代以上の20人に1人が緑内障とも言われ、職場の健診などで見つかる人も多いです。当院では、患者様の負担軽減のため、昨年開発された、従来よりも短時間で可能な視野検査プログラムを導入する予定です。画像解析装置(OCT)と合わせ、より少ない負担で病状を詳しく把握できます。目の状態で気になることがあれば、専門医に相談を」と酒匂院長は話す。
 

さこう眼科

神奈川県川崎市中原区新丸子東3−1302ららテラス武蔵小杉4F

TEL:044-430-4350

http://www.sakoh-ganka.com

中原区版のピックアップ(PR)最新6

「スライド移乗」で介護の質、追求

川崎市中原区

「スライド移乗」で介護の質、追求

介護老人福祉施設すみよし

6月14日号

介護いらずの老後のために

介護いらずの老後のために

腰痛、肩こり、曲がった腰を解消

6月14日号

健康長寿ために必要な機会を提供

株式会社メディコサービス

健康長寿ために必要な機会を提供

6月14日号

川崎市債投資セミナー

参加無料6月17日から申込受付

川崎市債投資セミナー

7月8日(月) 市コンベンションホール

6月14日号

お手軽に「介護予防」

お手軽に「介護予防」

理学療法士がサポート

6月14日号

Q.私には子供がなく数年前に夫が先立ち、現在自宅で一人暮らしです。もし自分が介護状態になり、認知症になったらその後の財産管理をどうしたらいいのか、亡くなった場合の財産処分についても不安です。

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例4万6千件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

6月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク