中原区版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

従来よりも短時間で検査が可能に 健診で発覚する「緑内障の疑い」 東急武蔵小杉駅直結ららテラス4F「さこう眼科」

酒匂丈裕院長
酒匂丈裕院長

 東急線武蔵小杉駅直結、ららテラス4階の『さこう眼科』は、様々な症状に対応できる体制を整えている。

 子育て世代が増える中原区で、働き盛りのパパなど、40代以上に多い緑内障の危険性について酒匂丈裕院長は注意を促す。「緑内障は眼の中の視神経がおかされることで、見える範囲(視野)が狭くなったり、欠けたりする病気です。しかし、日常生活では対象を両目で、目を動かして見ているため、違和感に気付きにくく、知らない間に進行していきます。40代以上の20人に1人が緑内障とも言われ、職場の健診などで見つかる人も多いです。当院では、患者様の負担軽減のため、昨年開発された、従来よりも短時間で可能な視野検査プログラムを導入する予定です。画像解析装置(OCT)と合わせ、より少ない負担で病状を詳しく把握できます。目の状態で気になることがあれば、専門医に相談を」と酒匂院長は話す。
 

さこう眼科

神奈川県川崎市中原区新丸子東3−1302ららテラス武蔵小杉4F

TEL:044-430-4350

http://www.sakoh-ganka.com

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

香るハーバリウム教室&温かいお通夜料理ビュッフェ

「できた!」が見える療育を

発達支援放課後デイ

「できた!」が見える療育を

3月15日号

生涯安心に暮らせる住まい

介護付有料老人ホーム「シニアフォレスト横浜港北」 3月オープン

生涯安心に暮らせる住まい

3月15日号

「お墓のこと考えてみませんか」

家族が集まるこの時期に

「お墓のこと考えてみませんか」

3月15日号

弁護士らによる無料相談会

春のおでかけガイド

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク