中原区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

市政報告N0.37 ガス橋の老朽化対策を! 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

 平成29年第4回定例会において、毎月市民の方と行っている勉強会の中で要望をいただいた、「ガス橋の老朽化対策」について質問しました。

 ガス橋は、人や車の通行のための従来の橋の機能と、エネルギーの供給という2つの機能を兼ね備えたガス人道橋として昭和6年に開通、その後、昭和35年に幅員が拡幅され、神奈川県と東京都を結ぶ産業の動脈道であり、緊急輸送道路にある橋として重要度が高い橋でもあります。

 このガス橋の高欄について、「塗装が剥がれ、さびが目立つが、安全性は大丈夫か」との質問に対し、建設緑政局長からは、「平成25年度の点検結果では、高欄にさび等が見られるものの、安全性に関わる重大な損傷が生じていないことが確認されている。平成30年度に行う次回点検時において、重大な損傷が確認された場合は、塗装の塗り替えや補修など、適切な対応について検討する」との答弁があり、現状ではなんら対応をしない。また、次回点検時においても、重大な損傷が確認されなければ、塗装の塗り替え等は行わないとのことでした。

塗装等、早急な対応を

 質問を行う前に確認したところ、ガス橋が塗装されてから約30年近く経っているとのことです。私は、市民の皆さんが感じる安心感については、目から入ってくる印象も重要であると思います。安全性が確認されていても、あのようなさびが目立つ高欄を見ると、本当に大丈夫かと思う市民は多くいます。また、このまま放置しておけば、腐食などが進み、重大な損傷につながっていくことも考えられます。そのためにも、私は、塗装の塗り替え等の対応を早期に実施するよう要望しました。さらに、引き続き経過を確認して参ります。

 なお、本定例会では、ガス橋の老朽化対策の他に、【1】中原区で実施する地域デビュー講座、【2】補装具費の支給について、一般質問を行いました。

塗装が剥がれさびが目立つ高欄
塗装が剥がれさびが目立つ高欄

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

プラスチック資源循環促進法成立。川崎市の取組は。

市政報告vol.73

プラスチック資源循環促進法成立。川崎市の取組は。

川崎市議会議員 末永 直

6月11日号

SDGs実現に向け、取り組み強化!

県政報告Vol.17

SDGs実現に向け、取り組み強化!

神奈川県議会議員 川本 学

6月11日号

一日でも早いワクチン接種を

市政レポートNo.104

一日でも早いワクチン接種を

議会運営委員会委員長 原 典之

6月4日号

コロナワクチン最新情報【2】

市政レポートNo.133

コロナワクチン最新情報【2】

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

5月28日号

資源物等の持ち去りに条例改正で罰則科す

市政報告

資源物等の持ち去りに条例改正で罰則科す

川崎市議会議員 松原しげふみ

5月21日号

PTA会費はPTA活動のために

市政報告Vol.10

PTA会費はPTA活動のために

川崎市議会議員 重冨たつや

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter