中原区版 エリアトップへ

2018年1月の記事一覧

  • 川瀬 典宏さん

    川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

    川瀬 典宏さん

    こすぎ法律事務所所属 37歳

    未来担う人情派リーダー ○…20歳から40歳までの若手ならではの行動力で明るく豊かな社会づくりに取り組む川崎青年会議所(J...(続きを読む)

    1月5日号

  • 専門化し10年、より多様化・高度化へ

    新春インタビュー

    専門化し10年、より多様化・高度化へ

    聖マリアンナ医科大学東横病院

     昭和22年に開院した聖マリアンナ医科大学東横病院。平成20年には高度医療を提供する都市型専門病院へとリニューアルし、今年で10年の節目を迎える。時代と地域ニー...(続きを読む)

    1月1日号

  • 全国に先駆けて「再犯防止推進計画」が実行されます!!

    二度と罪を犯さない「再犯防止推進立県かながわ」を目指す!川本学が県議会本会議において質問し、 県政報告Vol.6

    全国に先駆けて「再犯防止推進計画」が実行されます!!

    神奈川県議会議員 川本 学

     皆様におかれましては健やかに新年をお迎えのことと存じます。本年は明治維新から150年の節目の年にあたります。明治の精神を学び、地域発展に繋げて参りたいと思って...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「子どもは日本を背負う宝」産み、育て、働ける社会を―

    「子どもは日本を背負う宝」産み、育て、働ける社会を―

    新春特別対談―ちびっこランド新城園・野辺代表に聞く

     入園希望者が多く、現在約125人の園児が通う川崎認定保育園『ちびっこランド新城園』。今年も、幼児教育に定評のある野辺武夫代表に保育の現状や今後の在り方などにつ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「大きないびき」は体の異変の合図?

    2018年 今年も1年健康であるように

    「大きないびき」は体の異変の合図?

    取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

     2018年の幕開け。初詣で「家族が1年健康でありますように」と願う人も多いのでは。しかし、寝る時に大きないびきをしている人は、実は体に異変が起きているかもしれ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 3連覇で67億円!?川崎フロンターレの支援体制構築を!

    市政レポートNo.96

    3連覇で67億円!?川崎フロンターレの支援体制構築を!

    川崎市議会議員 おしもとよしじ

     昨年、川崎一番の出来事と言えば、多くの市民が「川崎フロンターレJ1リーグ優勝」を思い浮かべることと存じます。近年、ここまで市民の一体感が生まれた瞬間は見当たら...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「家族の繁栄を大切に」

    「家族の繁栄を大切に」

    西山裕志税理士事務所 所長西山裕志さん

     法人の財務会計から個人の相続相談まで地域密着のサポート、全国でセミナー講師も務める『西山裕志税理士事務所』の西山所長が、年頭にあたり話してくれた。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「明るく、安全で、安心して暮らせる」まちづくりのために

    市政報告N0.36

    「明るく、安全で、安心して暮らせる」まちづくりのために

    川崎市議会議員 松井たかし

     皆さまにおかれましては、健やかに新年をお迎えのことと存じます。 昨年も、豪雨による九州北部をはじめとして、日本各地で自然災害が発生し、...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「心に寄り添うサービスを」

    「心に寄り添うサービスを」

    株式会社川崎葬儀社 代表取締役川崎葬祭具協同組合 理事長齋藤隆さん

     (株)川崎葬儀社では、「お客様の心に寄り添う葬儀を行いたい」というポリシーのもと、昨年から個性的なサービスを提供し、地域の人から喜ばれている。それは、「相続の...(続きを読む)

    1月1日号

  • 住みたい街から住み続けたい街へ!

    市政報告

    住みたい街から住み続けたい街へ!

    川崎市議会議員 川島 まさひろ

     平成30年の新しい朝を迎えました。本年が皆様にとって素晴らしい一年になりますことを祈念しますとともに、本年も全力で「住み続けたい街」の実現に向け取組んで参りま...(続きを読む)

    1月1日号

  • 住民主体のまちづくりへ

    市政報告

    住民主体のまちづくりへ

    地域政党あしたのかわさき 重冨たつや

     昨年は選挙権年齢が18歳に引き下げられて初めての市長選挙が行われました。18歳の投票率は53%、19歳の投票率は41%となっており、どちらも20代の投票率33...(続きを読む)

    1月1日号

  • 高校生議会の開催と議会活動体験について

    市政報告

    高校生議会の開催と議会活動体験について

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     昨年10月22日に執行された川崎市長選挙の投票率は、衆議院選挙と同日に執行された結果、52・3%で前回の投票率を上回りました。この市長選挙で初めて投票に参加し...(続きを読む)

    1月1日号

  • 光触媒の可能性を川崎市の未来に―

    市政レポート

    光触媒の可能性を川崎市の未来に―

    総務委員会委員長 原 典之

     明けましておめでとうございます。昨年の川崎市10大ニュースでは、悲願の初タイトルを獲りました川崎フロンターレが第3位にランクインしました。応募締切が優勝した4...(続きを読む)

    1月1日号

  • ふるさと納税制度、川崎市に緩和措置を!〜本市を代表して自民党本部で要望

    市政報告vol.31

    ふるさと納税制度、川崎市に緩和措置を!〜本市を代表して自民党本部で要望

    川崎市議会議員 末永 直

     来月には確定申告が始まる。清き納税は国民の義務である。ということで税に関する市政報告をしたい。 昨年11月17日、全国20政令市の自民党所属の市議が、自民党本...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新春も梅里でゴルフ練習

    元日より営業

    新春も梅里でゴルフ練習

    1月2・3日は年賀の粗品をプレゼント

     「2018年の初打ちは、当梅里カントリークラブへ」 全75打席を有する同練習場=写真=には、横浜や川崎はもとより都内からも多くの人が訪...(続きを読む)

    1月1日号

  • 頼れる地域の”ランドマーク病院”に

    頼れる地域の”ランドマーク病院”に

    関東労災病院 佐藤譲病院長

     昨年、創立60周年を迎えた関東労災病院。1957(昭和32)年に京浜重化学工業地帯の被災労働者対策と地域医療の充実を図るために内科、外科、整形外科、放射線科の...(続きを読む)

    1月1日号

  • 痛み抑えた治療、予防にも注力

    痛み抑えた治療、予防にも注力

    武蔵新城駅近くに新規開院『新城あおば歯科』

     昨年12月、武蔵新城駅徒歩1分の立地に開院した『新城あおば歯科』。「患者の気持ちに寄り添いながら、痛みを最小限に抑える治療」を掲げており、インフォームドコンセ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 健診で発覚する「緑内障の疑い」

    従来よりも短時間で検査が可能に

    健診で発覚する「緑内障の疑い」

    東急武蔵小杉駅直結ららテラス4F「さこう眼科」

     東急線武蔵小杉駅直結、ららテラス4階の『さこう眼科』は、様々な症状に対応できる体制を整えている。  子育て世代が増える...(続きを読む)

    1月1日号

  • 認可保育園の緊急整備 求む公・民有地活用で抜本増設を

    意見広告

    認可保育園の緊急整備 求む公・民有地活用で抜本増設を

    日本共産党川崎市会議員 おおば 裕子

     保育所申請受付前の昨年10月、生後5カ月のお子さんをもつ女性と入所状況を聞きに区役所へ相談に行きました。希望する保育所の入所待ち児童数を聞くと3桁に及ぶところ...(続きを読む)

    1月1日号

  • さらなる小杉駅の整備を

    意見広告

    さらなる小杉駅の整備を

    日本共産党川崎市会議員 市古 てるみ

     尋常ではない武蔵小杉駅の混雑緩和策として、入場専用臨時改札口とエスカレーターの設置、南武線の下りホーム50mを約1m拡幅する工事に着手することが先日、JR東日...(続きを読む)

    1月1日号

  • 川崎Fから新春プレゼント

    川崎Fから新春プレゼント スポーツ

    本紙読者に

     昨年、サッカーJ1初優勝を飾った川崎フロンターレが今季のホームゲームシーズンチケット(2組4人)と優勝Tシャツ(7人)を本紙読者にそれぞれプレゼントする。...(続きを読む)

    1月1日号

  • みこし連定期総会

    みこし連定期総会 文化

     中原みこし連(立原和行会長)が先月19日、定期総会を向河原駅近くの飲食店で行った=写真。所属する10団体が集まり、1年の祭りを振り返り、情報交換をして親睦を深...(続きを読む)

    1月1日号

  • 13,981人が新成人に

    13,981人が新成人に 文化

    8日、とどろきアリーナでつどい

     川崎市の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」が1月8日(月)、とどろきアリーナで開催される。主催は川崎市、市教育委員会、市選挙管理委員会。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 150万人都市 躍進へ

    150万人都市 躍進へ 政治

    福田市長 新年の展望語る

     2018年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。2期目を迎えた福田市長は、子育て支援や力強い産業都市づくり、ヘ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 溝口神社にパワーをもらいに行こう

    溝口神社にパワーをもらいに行こう

     日頃、神社に参拝する習慣がない人も正月は特別だ。新年の抱負を宣言する、身体健康や受験合格の祈願など様々な目的で足を運ぶ。溝口駅から徒歩4分、大山街道沿いにある...(続きを読む)

    1月1日号

  • 住民が住むまちづくりを

    住民が住むまちづくりを

    意見広告

    規制緩和続けた結果 武蔵小杉駅周辺の再開発が、10年間続いています。その結果、超高層ビルが17棟も林立し、さらに6棟増える...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク