中原区版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • hatena

グリーンライズ 中学生アメフトで日本一 東西対決制し初の栄冠

スポーツ

日本一の座をつかんだ川崎グリーンライズ相模原のメンバー
日本一の座をつかんだ川崎グリーンライズ相模原のメンバー
 中学生アメリカンフットボールチーム「川崎グリーンライズ相模原」が1月に富士通スタジアム川崎で行われた「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で、啓明学院中学セインツ(兵庫県)を10対7で破り、初の日本一に輝いた。

 グリーンライズは専修大学生田グラウンド(多摩区)を拠点とする川崎リトル・ジュニアグリーンマシーンとノジマ相模原ライズジュニアの両クラブの中学生によって13年に誕生。同グラウンドで練習を積んできた。

 関東、関西の各リーグ首位同士が戦ったこの試合。第2クォーターにグリーンライズがフィールドゴールで先制し、続く第3クォーターにもインターセプトからタッチダウンを奪うなど、点差を広げていく。後半は相手の反撃を受けるも、堅い守備でしのぎ切り、勝利をもぎ取った。

 同チームのアシスタントヘッドコーチを務める中島健児さんは「今年は優勝できるレベルの力を持つチームに成長してきた。本来の力を出し切って日本一になれたことはとても嬉しい。選手たちがよく頑張ってくれたと思います」と話し、労いの言葉を述べた。

関東労災病院 市民公開講座

膵がん・胃がん・貧血について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月28日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 9月14日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク