中原区版 掲載号:2018年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする 長谷川 竜也さん 麻生区在住 23歳

言葉に垣間見える闘争心

 ○…今シーズンの飛躍に、最も期待と注目が集まる選手の一人かもしれない。背番号「16」は、ドリブルでの仕掛けと突破力が持ち味だ。これまで、いくつものチャンスを演出し、観客を魅了。2月10日の富士ゼロックス・スーパーカップで大久保選手のゴールをアシストし、存在感を見せつけた。

 ○…静岡県沼津市生まれ。順天堂大学時代の2015年、特別強化指定選手として川崎フロンターレでプレーし、翌年入団。ルーキーイヤーは、度重なるけがに泣かされてきたが、昨季は24試合に出場し、5得点をマーク。昨年の最終節、大宮アルディージャ戦ではダメ押しのゴールを決め、ピッチ上で優勝の歓喜の輪に入った。「優勝の嬉しさに加え、(自分自身)結果を残すことができてよかった。今年は昨シーズン以上のゴールとアシスト数をあげたい」と力を込め、2ケタ得点を目標に掲げる。

 ○…川崎のまちについては「都会過ぎず、田舎過ぎず住みやすい」。人の温かさも実感する。1月の向河原商店街(中原区)でのあいさつ回りでは、多くの商店主やサポーターらから「頑張って」と激励の声を掛けられた。フロンターレサポーターは熱く応援してくれ温かく見守ってくれるだけに「ピッチで結果を出し、シーズン終了後に一緒に喜び合いたい」。そんな思いを強くした。

 ○…プロ3年目の今シーズンは「サッカー人生の中で大きな年」と位置付ける。クラブには大久保選手、齋藤選手といった日本代表クラスのタレントが加入。「すごいとこ(選手)を補強した」。そんな実感を持ちつつも、サッカー選手として上のレベルを目指すには絶好の環境だとも。「まずはここで主力になること。そうすれば(日本代表が)見えてくる。チーム内競争で存在感を発揮したい」。終始穏やかで丁寧な話しぶりだが、言葉の端々から今季にかける意欲と闘争心が垣間見えた。

中原区版の人物風土記最新6件

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

紅谷 加津江さん

平成30年全国栄養改善大会で、栄養改善事業功労者の厚生労働大臣表彰を受賞した

紅谷 加津江さん

9月7日号

梅岡 秀行さん

3年連続で県選抜メンバーを輩出した女子学童野球「中原ルーキーズ」の監督を務める

梅岡 秀行さん

8月31日号

橋本 夏代さん

79.1MHz「かわさきFM」を運営するかわさき市民放送(株)の代表取締役社長に就任した

橋本 夏代さん

8月24日号

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月17日号

山口 淑子(よしこ)さん

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける

山口 淑子(よしこ)さん

8月10日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

着付士の技の祭典

着付士の技の祭典

9月22日、サンピアンかわさきで

9月22日~9月22日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク