中原区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

街角の風景を水彩画で描き続け、地元で水彩画展を開催する 熊田 司郎さん 苅宿在住 72歳

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

物語感じ、街並み描く

 ○…「街角の風景を描くと、その場所へのなじみが生まれ、一員になったような一体感に包まれる」と風景画の魅力を語る。池上本門寺や赤レンガ倉庫など、主に東京から横浜まで東急線沿線で描き続けてきた。そんな「本命」の合間を縫って10年ほど描きためた地元の風景画を今月、元住吉で披露する。「ランドマークがある場所は絵になりやすいけど、近場にも意外に面白いところがある」。いつも目にする何気ない風景を自分の感性で切り取っている。

 ○…これまでも横浜で展覧会を開催したり、苅宿小学校50周年記念ポストカードの絵を描いてきた。中でも、品川区の広報誌で区内風景の連載画を担当したことが活動の原点。「どんな場所でも絵になるものだなと自信がついた」と振り返る。こだわりは風景画に人物を登場させること。「描く場所に人がいると生活感が出てくる。自分の描いた絵の中に小さな物語を感じてほしい」

 ○…東京都出身。子どもの頃から絵を描くことが好きで、学生時代は友達と漫画家を目指した。工業高校を卒業し、金属製品メーカーに就職したが「絵に近いところで仕事をしたい」という強い思いで、23歳のときデザインの専門学校へ。風景画を描き始めたのは45歳。友人の展覧会に足を運んだのがきっかけだ。街並みを描くことに魅了され、印刷会社を58歳で早期退職。他の作家の作品を見て学び、独学で水彩画と向き合っている。「もっと素朴なタッチを」と絵の具を生かした淡い色の表現に、試行錯誤を重ねる日々だ。

 ○…スケッチ活動に没頭する中、3年前に一過性の脳梗塞を発症。治療後は後遺症なく過ごしているが遠出は避けている。「倒れてからは、これが最後の絵になるかもと、一枚に対する思い入れが強くなった」。現在は等々力陸上競技場を題材に創作を進めている。「納得できる絵を描いて発表していきたい。何か感じてもらえる絵を描ければ嬉しい」

中原区版の人物風土記最新6

太田 猛彦さん

2019年度川崎市文化賞を受賞した「かわさき市民アカデミー」の学長

太田 猛彦さん

今井南町在勤 77歳

12月6日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区在勤 57歳

11月29日号

新橋 さち子さん

川崎ボッチャクラブの代表を務める

新橋 さち子さん

麻生区在勤 36歳

11月15日号

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク