中原区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

街角の風景を水彩画で描き続け、地元で水彩画展を開催する 熊田 司郎さん 苅宿在住 72歳

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

物語感じ、街並み描く

 ○…「街角の風景を描くと、その場所へのなじみが生まれ、一員になったような一体感に包まれる」と風景画の魅力を語る。池上本門寺や赤レンガ倉庫など、主に東京から横浜まで東急線沿線で描き続けてきた。そんな「本命」の合間を縫って10年ほど描きためた地元の風景画を今月、元住吉で披露する。「ランドマークがある場所は絵になりやすいけど、近場にも意外に面白いところがある」。いつも目にする何気ない風景を自分の感性で切り取っている。

 ○…これまでも横浜で展覧会を開催したり、苅宿小学校50周年記念ポストカードの絵を描いてきた。中でも、品川区の広報誌で区内風景の連載画を担当したことが活動の原点。「どんな場所でも絵になるものだなと自信がついた」と振り返る。こだわりは風景画に人物を登場させること。「描く場所に人がいると生活感が出てくる。自分の描いた絵の中に小さな物語を感じてほしい」

 ○…東京都出身。子どもの頃から絵を描くことが好きで、学生時代は友達と漫画家を目指した。工業高校を卒業し、金属製品メーカーに就職したが「絵に近いところで仕事をしたい」という強い思いで、23歳のときデザインの専門学校へ。風景画を描き始めたのは45歳。友人の展覧会に足を運んだのがきっかけだ。街並みを描くことに魅了され、印刷会社を58歳で早期退職。他の作家の作品を見て学び、独学で水彩画と向き合っている。「もっと素朴なタッチを」と絵の具を生かした淡い色の表現に、試行錯誤を重ねる日々だ。

 ○…スケッチ活動に没頭する中、3年前に一過性の脳梗塞を発症。治療後は後遺症なく過ごしているが遠出は避けている。「倒れてからは、これが最後の絵になるかもと、一枚に対する思い入れが強くなった」。現在は等々力陸上競技場を題材に創作を進めている。「納得できる絵を描いて発表していきたい。何か感じてもらえる絵を描ければ嬉しい」

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

ナヲキングさん(本名:松金直樹さん)

かわさきFMで放送されるラジオドラマ「w(ar)nder world」を企画・制作する

ナヲキングさん(本名:松金直樹さん)

幸区在住 40歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

1月8日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月1日号

本多 克二さん

神明神社の八百八橋プロジェクトを中心メンバーの一人として成功させた

本多 克二さん

上小田中在住 76歳

12月25日号

柳沢 芳信さん

管理運営代表を務めるゆめホールで映画上映を始めた

柳沢 芳信さん

下沼部在住 63歳

12月18日号

田代 洋平さん

女子第31回全国高校駅伝競技大会(都大路)に初出場する市立橘高陸上部顧問を務める

田代 洋平さん

市立橘高校教諭 34歳

12月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク