中原区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

「あなたの家事力、仕事に活かせませんか」 かわさき暮らしサポーター

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、高齢者の自宅で掃除や洗濯、調理のサポートといった家事の手伝いを求める人材「かわさき暮らしサポーター(暮らサポ)養成研修」を実施している。

 「『掃除や調理等、できない部分があるので手伝ってほしい』などちょっとした支援を必要とする高齢者が今、増えています」と同市。多くの市民の家事スキルが活かされることで、高齢者がいきいきと暮らせるという。

 「暮らサポ」になるには、最初に川崎市が指定する研修機関で1日程度の研修を受けることが条件。専門講師が仕事に必要な知識を「親切丁寧に教えてくれる」と受講者から好評だ。仕事開始までに「最初は先輩職員と現場訪問を行うので安心」(受講者)だとも。

 未経験者大歓迎。週1回からの勤務も可能なうえ、時間帯を選べる。定年後のちょっとした仕事としてもうってつけだ。

 申し込みは、市内指定研修機関へ。問い合わせはコールセンター(【電話】0570・040・114)。
 

中原区版のピックアップ(PR)最新6

やすらぎホールリニューアル

格調を維持、より利用しやすくなった

やすらぎホールリニューアル

「中原屋葬祭センター」

2月14日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

2月14日号

日曜日は匠の技に触れる

日曜日は匠の技に触れる

2月16日 てくのかわさき

2月14日号

脊柱管狭窄症歩けなくなる前に

「日帰り白内障手術」進化続け20年

4月から「混合診療」へ前進に期待 医療レポート

「日帰り白内障手術」進化続け20年

武蔵小杉駅北口目の前 眼科『小杉タワークリニック』

2月14日号

雛まつりのフラワーアレンジメント教室

桃などの生花を使用 参加者募集

雛まつりのフラワーアレンジメント教室

要予約・30名 先着順 葬祭式場 平安会館みやうち

2月7日号

横浜日吉支店で年利0・24%上乗せ

スルガ銀行

横浜日吉支店で年利0・24%上乗せ

50周年の感謝を込めて 2月末まで実施中

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク