中原区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

川崎市「いろいろブックフェア」 絵本通じて「多様性」楽しむ アトレ川崎で12日から

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
海外の絵本を大型にして読み聞かせ
海外の絵本を大型にして読み聞かせ

 多様な人々が暮らし、様々な魅力があふれる川崎市を表すブランドメッセージ「Colors、Future!」に共感した書店などが、本を通じて多様性を表現する「いろいろブックフェア」。その第2弾が3月12日(月)から川崎駅ビルのアトレ川崎で開かれる。参加無料、申込み不要。

読み継がれる絵本

 アトレ川崎4階の有隣堂では「ブックセレクション〜年齢・年代を問わず読み継がれる絵本〜」と題し、『星の王子さま』や『スイミー』など、子どもから年配まで共通して読み継がれてきた絵本を揃える。期間は12日から24日(土)までで、ブックカバーもブランドメッセージをデザインした限定カバーを用意。また、書籍購入者には世界のなぞなぞを楽しめるしおり(5種類)をプレゼントする。

18日は新感覚の読聞せ

 アトレ川崎4階のコモレビテラスでは、パントマイム&超大型絵本の読み聞かせが18日(日)に行われる。

 パントマイム出演者は「おむすびひろば」。パントマイムと絵本読み聞かせがコラボする新感覚のショーで絵本の世界を表現。超大型絵本は、世界の絵本を独自に翻訳する「ワールドライブラリー」が登場。時間は午前11時、午後1時、3時の3回(各30分弱)。

 問い合わせは川崎市総務企画局シティプロモーション推進室【電話】044・200・3717へ。

有隣堂では読み継がれる絵本を揃える
有隣堂では読み継がれる絵本を揃える

アトレ川崎で「いろいろブックフェア第2弾」

川崎市総務企画局シティプロモーション推進室

TEL:044-200-3717

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000093725.html

中原区版のピックアップ(PR)最新6

やすらぎホールリニューアル

格調を維持、より利用しやすくなった

やすらぎホールリニューアル

「中原屋葬祭センター」

2月14日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

2月14日号

日曜日は匠の技に触れる

日曜日は匠の技に触れる

2月16日 てくのかわさき

2月14日号

脊柱管狭窄症歩けなくなる前に

「日帰り白内障手術」進化続け20年

4月から「混合診療」へ前進に期待 医療レポート

「日帰り白内障手術」進化続け20年

武蔵小杉駅北口目の前 眼科『小杉タワークリニック』

2月14日号

雛まつりのフラワーアレンジメント教室

桃などの生花を使用 参加者募集

雛まつりのフラワーアレンジメント教室

要予約・30名 先着順 葬祭式場 平安会館みやうち

2月7日号

横浜日吉支店で年利0・24%上乗せ

スルガ銀行

横浜日吉支店で年利0・24%上乗せ

50周年の感謝を込めて 2月末まで実施中

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク