中原区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

意見広告 介護保険、公費負担の増額を 日本共産党川崎市会議員 市古 てるみ

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 介護保険料は今の仕組み上、3年毎に必ず上昇します。制度発足当時、基準額は2千950円でしたが、2018年度は約2倍の5千825円になります。

 川崎では介護保険準備基金が47・5億円あったため、基準額で285円の値上げでしたが、値上がり前から高齢者をとりまく状況は、年金額の減少で可処分所得が下がり、圧倒的多くの高齢者にとって保険料の負担は重いものになっていました。それは川崎市が行ったアンケート結果も同様でした。保険料の値上げを抑えるために、あらゆる努力が必要でした。すでに10自治体で行っている一般会計からの繰り入れもして値上げを抑えるように提案しました。国の公費負担は25%であり、そのうち5%は調整交付金で、川崎には22・7%しか交付されていません。

 介護保険料額は、もう限界にきています。このままだと介護保険は崩壊します。公費負担の増額こそ必要です。

市古てるみ

市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ichiko-terumi.jp

中原区版の意見広告・議会報告最新6

いざという時に備えて

市政レポート

いざという時に備えて

自民党川崎市議団 原 典之

4月3日号

短期的台風対策に4億3千万円を計上

川崎市 下水道事業会計補正予算 市政レポートVol.10

短期的台風対策に4億3千万円を計上

川崎市議会議員 吉沢 直美

3月27日号

東京五輪聖火リレー等を盛り上げよう!

市政報告vol.57

東京五輪聖火リレー等を盛り上げよう!

川崎市議会議員 末永 直

3月13日号

「等々力プール」復活へ前進

市政レポート

「等々力プール」復活へ前進

自民党川崎市議団 原 典之

3月6日号

『市民のために追い続けるもの』

市政報告Vol.8

『市民のために追い続けるもの』

川崎市議会議員 松川正二郎

3月6日号

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

市政レポートNo.121

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク