中原区版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

市営2施設 「友引」 火葬受け入れへ 夏冬に12日ずつ開場

社会

 市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対応や冬のピーク時の待機緩和、高齢化による多死社会への備えなどが目的だ。

 友引日を開場するのは、両施設ともに7〜9月と12〜2月の年12日ずつ。亡くなる人が増える傾向にある冬と、遺体の保管費用がかさむ夏に重点を置いた。特に冬場は、遺族が1週間ほど待たされる場合もあるという。

 市生活衛生課は「友引日も稼働させることで、こうした状況を改善していきたい」としている。

両施設で年間1万件超

 指定管理者が運営する両施設の開場日は、2016年度で年間304日。これまで友引日は、館内清掃やメンテナンスなどを行うための休業日としてきた。

 しかし、火葬件数は年々増え続けており、16年度は2施設合わせて1万353件。2年前よりも1120件増えた。1日の受け入れ枠は、南部が22件、北部は改装中のため15件となっている。現状では対応できているものの、市は「今後は枠を超える可能性もある」と判断。そのため、市は16年度の友引日の2日間を両施設で試験的に開場し、17年度にも4日受け入れた。利用件数は16年度が41件、17年度が76件だったという。

 一般的に、友引日は「友を引く」との見方から葬儀や火葬は縁起が悪いとされ、避けられる風潮があった。しかし、試行期間中の市のアンケート調査によると、民間の葬儀事業者からは「無宗教であれば葬儀を行える」「早期火葬で遺族の費用負担が軽減できる」など、肯定的な意見が多かったという。

 市は「近年の価値観の多様化や在日外国人ら宗派の違いなどで、友引日に対する抵抗感が薄れつつある」と分析する。次年度以降の方針は未定としており、今年度の状況を踏まえて検討していくとしている。

中原区版のトップニュース最新6件

申請増、新基準で18人

川崎市待機児童

申請増、新基準で18人

5月18日号

「かこさん創作原点知って」

北野書店

「かこさん創作原点知って」

5月18日号

「事務支援員」3校で試行

市立小学校

「事務支援員」3校で試行

5月11日号

「川崎の地酒」復活

(一社)カワサキノサキ

「川崎の地酒」復活

5月11日号

虫歯7年で9割減

西丸子小

虫歯7年で9割減

5月4日号

小中レスラー 後楽園に立つ

女子プロレスディアナ

小中レスラー 後楽園に立つ

5月4日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク