中原区版 掲載号:2018年4月13日号
  • LINE
  • hatena

「トライアスロンの普及を」 市協会、東京五輪へ向け意欲

スポーツ

総会に参加した協会役員ら
総会に参加した協会役員ら
 川崎市トライアスロン協会(嶋崎嘉夫会長)の2018年度総会が4月1日、川崎市国際交流センターで行われた。

 同協会の主な活動は、県内で開催される各大会を主管する神奈川県トライアスロン連合への支援。今年度、市内では東扇島で10月に「川崎港トライアスロン」、2月に「カーフマン南関東ステージ」が予定されている。横浜でも5月に「世界トライアスロンシリーズ」、6月に「NISSAN CUP」など大規模な大会を控える。同会役員らは、これらの大会への支援体制などを確認した。

 2020年東京五輪の正式競技にも決まったトライアスロン。水泳、自転車、長距離走という馴染みのある種目ゆえに、世代問わず参加者は多いという。同協会も設立2年余りにして会員は400人を超えている。

 嶋崎会長は「トライアスロンは生涯スポーツに成り得る。多くの市民に気軽に参加してもらえるような体制を整え、競技の普及、発展に努めていきたい」と話した。

昨年東扇島で行われた大会
昨年東扇島で行われた大会

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月28日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 9月14日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク