中原区版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

ICT連携コーディネータとしてIoTビジネスの振興をめざす 小湊 宏之さん (株)アルファメディア代表 43歳

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena

縁結び通じて自己成長

 ○…ICT(情報通信技術)と「ものづくり」を結び付け、事業拡大や効率化を図る(公財)市産業振興財団のコーディネータとして活躍。フォーラムや勉強会等を次々と仕掛けている。加えて、新たなIoT(モノのインターネット)ビジネスを創出し盛り上げるという課題に取り組む日々だが、「コーディネータという立場で携わることで自分が前進できると思う」と前向きな姿勢を見せる。

 ○…ICT企業や製造業との人脈が多いことからコーディネータを依頼された。3年計画の事業は約1年半が経過、「成果としてはまだまだ」と語るが、フォーラムなどを通じ異業種間の繋がりが増えていることなど広がりを実感。「皆がやって良かったと思うところまでいかないと。ここからが重要。具体的な成果が一社でも出てくれば事業は続く」。そう信じて橋渡し役に徹する。

 ○…父が立ち上げた(株)アルファメディアの代表。入社後しばらくして事業を継ぐと、約50大学が導入した出欠管理商品を開発販売し話題に。「今後も社会に役立つ製品開発に力を入れていきたい」と話す。息抜きは夫人との旅行。「行先は妻がほとんど決めている」と苦笑するが「妻は仕事のことを理解してくれているからね」と恩返しの思いからだろう。

 ○…同社のパソコン教室「富士通オープンカレッジ武蔵小杉校」では、独自の地域貢献プランも考えている。ドローンを使った子ども向けのイベントで、シニア世代との交流を図りたいという。「自分が子どもの頃は遊んでくれる年配の人が近くにいたという思い出が残っている。親たちも楽しめるドローンを使うことで3世代交流が出来れば」と微笑む。企業同士をつなぎ、地域をつなぐ、小湊流の縁結びはこれからだ。

中原区版の人物風土記最新6

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク