中原区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

平間わんぱく少年団 伝統の太鼓再現し40年 8月4日に記念公演

文化

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
銚子跳ね太鼓の練習に取り組む団員(上)/「はだしのゲン」の合唱構成劇出演者ら
銚子跳ね太鼓の練習に取り組む団員(上)/「はだしのゲン」の合唱構成劇出演者ら

 日本各地に伝わる伝統の和太鼓演舞を、祭りの雰囲気そのままに、正確に再現したい――。そんな思いで現地に何度も足を運び、技を体得してきた和太鼓集団「平間わんぱく少年団」が今年8月、結成40周年を記念した公演を行う。

 公演では沖縄県のエイサー、千葉県の銚子跳ね太鼓、埼玉県の秩父屋台囃子などを披露する。太鼓を担いだり、抱えたりするそれぞれの型や独自の拍子を再現するため、同少年団はこれまで各地の保存会に直接教えを請い、遠征し、演目を体得してきた。

 伝統芸能を正確に受け継ぐのは難しく、意図的でなくとも途中でアレンジされ、変化し本場と異なる物になっていく場合もあるという。代表の山本忠利さんは「本場の人に教えてもらうことにこだわってやってきた。現地の伝統を受け継ぐ集団でありたい」と話す。

 同少年団の結成は1979年。平間子ども文化センターにあった学童保育に通った子どもとその保護者らで始まった。当初は、学校ではできない体験をしてほしいと父親らがそれぞれの得意分野を生かして先生役となり、子どもたちに生きる知恵を伝えていた。野草や星に詳しい人とキャンプに出掛けたり、芝居や演奏を教わって演劇をしたり。やがて、山本さんが教えていた和太鼓に出演依頼が増え、いつしか和太鼓演奏に特化していった。

 少年団は現在、区内外の子どもら約40人が通う。大人チームと合わせて90人で節目の大舞台を作り上げる。出演メンバーの本間康太君(14)は「伝統は誰かが継がなければ消えてしまう。楽しんでやれば伝わるものがあるはず。最終的に面白かったといわれる公演にしたい」と話す。

 公演は8月4日(土)、エポック中原ホールで午後2時開演。当日は2部構成で、合唱構成劇にアレンジした「はだしのゲン」の上演もある。入場料はS席1500円、A席1000円。問い合わせは山本代表【電話】044・533・7470。

中原区版のトップニュース最新6

丸子花火 復活へ機運

地元有志

丸子花火 復活へ機運 社会

「全国一斉」断念、思いつなぐ

6月5日号

「感染対策」で見直し

川崎市避難所運営

「感染対策」で見直し 社会

6月中 マニュアル策定へ

6月5日号

市内医師へ「癒し届け」

【Web限定記事】

市内医師へ「癒し届け」 社会

長谷川稔氏 チーズケーキ500個寄贈

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

会員店舗に一律5万円

新丸子東口商店街

会員店舗に一律5万円 経済

コロナ支援で、会長即決

5月22日号

「お子様カレー」で支援

【Web限定記事】川崎中ロータリークラブ

「お子様カレー」で支援 社会

新日本学園の80人に

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク