中原区版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

木月在住中田隆さん 防災願い「缶提灯」1万個へ 「地域のため」 コツコツ8年

社会

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena
完成した缶提灯を手にする中田さん
完成した缶提灯を手にする中田さん

 空き缶を使った提灯づくりを続けている人がいる。第8代中原消防団長の中田隆(ゆたか)さん(89)だ。空き缶一つ一つに切り込みを入れ提灯型に細工し、防災の願いを込めて「火の用心」の札を付け、中原消防署で配布している。

 きっかけは2010年、中原区民祭で似た作品を目にしたことだったという。「自分にもできそう」と興味をもち、カッター、はさみ、けいびき、やすりなどを使って挑戦。初めは、安定感に欠け壊れたり、缶の切れ目で指を切ったりなど失敗もあったというが、試行錯誤の末、今の形にたどり着いたという。

 一つ完成するのにかかる時間はおよそ40分。多いときには月に140個を作り上げる。コツコツと8年間積み上げてきたその数は、7月27日現在で9363個。もうすぐ1万個に迫るなか、中田さんは「今年度内に達成できたらいいけど難しいだろうね」と苦笑いする。

 ビールは一切飲まないという中田さん。作業場に山積みにされた缶は、この取組みを知る仲間や知り合いから届けられたものだ。「応援してくれる皆さんの協力あってこそ」。「きれいだね」「かわいいね」―、缶提灯を手にした人から寄せられるそんな喜びの声がやりがいという。

 区内各地に掲げられた消防団員募集の看板のキャッチフレーズ、「郷土愛」の文字を書いたのも中田さん。消防団からの依頼に応えたものだ。1950年から92年までの42年間、消防団として育んだ地域への愛着心は現役を退いた今も変わらない。「火の用心の想いを込めて」

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook