中原区版 掲載号:2018年8月10日号 エリアトップへ

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける 山口 淑子(よしこ)さん 高津区在住 86歳

掲載号:2018年8月10日号

  • LINE
  • hatena

今日一日を、全力で生きる

 ○…「あの朝、私は1階の居間にいてね。いきなりピカーってすごい閃光が目に飛び込んできたと思ったら、次の瞬間にはつぶれた家の柱の下敷きになって真っ暗闇の中だった」。73年前のあの日、広島への原爆投下で爆心地からわずか1・3キロ離れた自宅で被爆。当時13歳、女学校1年生だった。怪我を負ったものの一家5人は無事で、火災から逃れるために近くの川の中州に避難。その道すがら爆風で皮膚がただれて苦しむ人、一帯を焼き払った旋風が放つ猛烈な熱と悪臭、勢いに「火がいつ襲ってくるか怖くて怖くて。長い夜だった」

 ○…大阪で育ち、父親の転勤に伴い、原爆が投下された年の正月に広島へ。3年後に東京に引っ越した高校生の頃から被爆者団体の活動を手伝い始めた。「あの体験をした一人として、そして放射線の影響など被爆者へのいわれなき差別が悲しくて」ときっかけを語る。結婚して川崎に移ってからも活動を続け、約10年前から「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長を務める。市内でも多い時には800人以上の被爆者がいた。同会では毎年秋に鎌倉で慰霊祭を行う。語り部の活動では子どもたちに当時をできるだけ温和に語る。「子どもたちを怖がらせてトラウマにしたくなくて。ただ、日本にそんな時があったことを知ってもらえたら」と思いをはせる。

 ○…川崎に来てからは子ども会や民生委員、二ケ領用水での灯ろう流しなど数々の地域活動に従事してきた。趣味のカメラでは、杖をつく今でも海外まで行って撮影するなど活発的だ。「あの体験をして明日生きていられる保証はないと知った。なら、やりたいことをその時やらなきゃね。頼られるうちが花よ」。朗らかなその笑顔に秘められた芯の強さが、一つひとつの言葉に表れていた。

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook