中原区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

79.1MHz「かわさきFM」を運営するかわさき市民放送(株)の代表取締役社長に就任した 橋本 夏代さん 多摩区在住 54歳

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

放送局の熱意、広めたい

 ○…「人生で一番想定外のことが起こった」ととまどいを隠さない。東急沿線のケーブルテレビ「イッツコム」で長く編成に携わり、親会社である東急電鉄からの出向という形で就任。「地域の方の声を直接聞き、番組作りに臨みたい」と意気込む。就任間もなく大勢の人と顔を合わせてきた。名刺交換した枚数は約300枚。「これが多いのか分からないくらい濃密な毎日」と多忙な日々を送る。

 ○…1985年、東急電鉄に入社後、ケーブルテレビの開発室に勤務し、2年後の開局に携わった。その後、横浜市青葉区のコミュニティFMラジオ「サルース」の立ち上げや横浜のケーブル会社へ出向するなど様々な経験を積んできた。「入社してから、インターネット事業への参入やコンサート運営など常に事業が新しく変化し飽きることがなかった」とメディアの移り変わりを最先端で引っ張ってきた。

 ○…多摩区の出身。幼い頃、向ヶ丘遊園で夏はプール、冬はスケートで遊んだのが懐かしい思い出。時間がある時は旅行にでかけ、最近は御朱印集めにはまっている。「スタンプラリーみたいで面白いでしょ」。J2時代から応援しているのが川崎フロンターレ。「本拠地の近くで勤務するのも何かの縁。スタジアムにはたまにしか行けないけど、昨年優勝した時には応援に行ってたの」と嬉しそうな表情を見せる。

 ○…自社のスタジオを見て驚いたことがある。「ゲストが溢れていて、多くの方が放送を楽しくしようする熱気が伝わってくる」。災害発生時には緊急放送を行い、安否情報やライフラインといった生活情報を届ける役割も担う。「かわさきFMの認知度を上げることが私の役目」ときっぱり。「もっと多くの人と会い、かわさきFMの良さを伝えられたら」

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook