中原区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

アゼリアで愛媛県応援フェア 9月1日から物産販売

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
愛媛県の様々な名産品を並べてPR=都内で
愛媛県の様々な名産品を並べてPR=都内で

 愛媛県の特産物を一堂に取り揃えた「えひめ応援フェア」が9月1日(土)から5日(水)まで、川崎地下街アゼリア(川崎区駅前本町)で開催される。期間中、ミカンなどのかんきつ類を使ったゼリーやジュース、カステラ生地で餡をロール状に巻き込んだタルト、全国の8割のシェアを誇る小魚珍味、日本酒、今治タオルなど、約150のアイテムを販売する。

 フェアは、川崎市東京事務所(田村豊所長)と愛媛県東京事務所(小坂泰起所長)の情報交換をきっかけに実現。小坂所長によると、愛媛県新居浜市には日本の発展を支えてきたコンビナートがあり、お遍路で知られる四国八十八カ所は弘法大師・空海の縁の地、岡本太郎の巨大壁画『明日の神話』がメキシコで発見され、その後、愛媛県のメーカーが修復に関わり、川崎と共通できるネタも多いという。

 7月の西日本豪雨では愛媛県に深刻な被害をもたらした。8月6日時点で同県の農林水産の被害額は519億円、公共土木の被害額は318億円に上る。

 豪雨後の大掛かりな物産展の開催は今回が初めて。小坂所長は「愛媛県の特産物とともに災害の状況を知っていただきたい。その上で様々な物産を購入して応援していただければ、愛媛の元気につながる」と呼びかける。

 1日と2日には同県のイメージアップキャラクター「みきゃん」が登場し、記念撮影会が行われる。

 フェアは、愛媛県東京事務所フェイスブック(https://www.facebook.com/ehime.tokyo.office)で参照できる。

中原区版のローカルニュース最新6

今年誕生の新生児に支給

じもと応援券

今年誕生の新生児に支給 経済

利用期間3月末まで延長

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月24日号

衣装でイベント下支え

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

親子で楽しむサッカー教室

川崎フロンターレ応援特集

親子で楽しむサッカー教室 スポーツ

11月、川崎Fコーチが指導

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook