中原区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

川崎市認可保育所 定員枠561人不足 市計画に遅れ、対策急務

社会

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が公表した来春の認可保育所開設状況によると、定員増は1450人の見通しで、市が計画する2011人の受け入れ拡大を下回っていることが分かった。市は待機児童や希望通り入所できない保留児童への対策として、市認定保育園や幼稚園の一時預かり事業の活用を進めている。

 来年4月に市内に開設予定の認可保育所は24カ所。新設が計画通り進んでいない現状について、市こども未来局の待機児童対策担当は「市内の地価高騰により、保育事業者の用地確保が困難になっている」と指摘。さらに「助成金があり、保育士の規定人数が半分ですむことから、事業所内保育など『企業主導型保育事業』に流れ、認可に手を挙げてもらえない傾向がある」と分析する。

1450人増を想定

 市が昨年度、独自に策定した「川崎市子ども・若者の未来応援プラン」によると、2019年4月に向けた受け入れ枠の拡大は認可保育所等の新設に伴う定員増で2011人を想定。しかし、10月10日時点の実態は1450人にとどまり、計画に対して561人分が不足している。

 市は「これから認可される保育所等もあるため、受け入れ枠はまだ増える予定」とするが、大幅に不足している状況は変わらない。「認可保育所等での受け入れ拡大が滞っているのは事実。市認定保育園の活用や、年度限定型保育事業、幼稚園の一時預かり事業の拡大など多様な手法を駆使して何とか定員枠を確保したい」との方針を示す。

 市は2021年度までの4年間で受け入れ枠を約8700人分増加させるとしているが、追い付いていないのが実態だ。

 希望の保育所に入れなかった保留児童数は4月時点で2960人。働き方の多様化により保育所の利用希望者が増えており、保留児童数は年々増加の傾向にある。待機児童は18人だった。

 来年4月に向けた保育所等の申し込みは、一次利用調整については11月13日までとなっている。

中原区版のトップニュース最新6

30年後、「脱炭素」実現へ

川崎市

30年後、「脱炭素」実現へ 経済

排出量ゼロへ戦略策定

11月27日号

「応援券」利用で活気

「応援券」利用で活気 経済

区内1169店舗が登録

11月27日号

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク