中原区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

新丸子 阿波踊りに音楽ライブ 丸子商連が主催、初の試み

文化

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
多摩川丸子連による阿波踊り
多摩川丸子連による阿波踊り

 「新丸子阿波踊り」が11月4日(日)に新丸子駅周辺で開催される。12年目を迎えた今年は、新たに丸子地区商店街連合会(徳永節会長)が主催者に加わり、初めて音楽イベント・インユニティライブを実施、幅広い世代が楽しめるイベントへと変化する。

 新丸子阿波踊りはこれまで、地域や商店街の活性化を目的に集客力の高い阿波踊りを行おうと多摩川丸子連(青木英光会長)を中心とした新丸子阿波踊り実行委員会と丸子多摩川観光協会(尾木孫三郎会長)との共催で運営してきた。今年からは、丸子地区商店街連合会が主催に加わり同観光協会との共催で行う。

 主催者は、シニア層に人気の高い阿波踊りに加え、若い人にも関心を持ってほしいと、今回初めて音楽イベントのインユニティライブを導入した。

 阿波踊りの前後に行うことで会場を継続的に盛り上げ、幅広い世代に楽しんでもらうねらいがある。ライブにはバンドやアーティスト、キッズなどが出演する。第一部は正午から、第二部は午後3時40分から。

 新丸子駅前と4商店街(東栄会・ウィズモール・イダイモール・新栄会)一帯で行われる新丸子阿波踊りには、多摩川丸子連、志留波阿連、南粋連の3連、約90人が参加する。午後2時から4時半まで。徳永会長は「阿波踊りは続けながら、徐々に商店街なりの工夫をしていきたい。多くの方に楽しんでもらえたら嬉しい」と話している。

駅前などで行うインユニティライブ
駅前などで行うインユニティライブ

中原区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

台風被害受け 要望書

小杉タワマン

台風被害受け 要望書 社会

エリマネから、市長へ

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク