中原区版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

風疹抗体検査 30〜50代男性 無料に 市、感染抑止へ緊急対策

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、市内でも患者数が急増している風疹(ふうしん)の緊急対策として、これまで妊娠を望む女性とパートナーに限定していた抗体検査の無料対象を、30〜50代男性にも拡大した。県内自治体では初めてワクチン接種率が低いとされる世代にも対応することで、いち早く感染を食い止めたい考えだ。

 風疹は、関東を中心に7月頃から感染が拡大。川崎市の患者数は昨年ゼロだったが、今年は8月に患者の累積報告数が10人を超えると一気に増え、10月初旬に50人を突破。今月2日時点で96人に達した。県内の患者数は343人で、11月28日時点で132人の横浜市とともに突出している。

 市は緊急対策として、妊娠を望む女性とそのパートナーに限定していた、風疹の抗体検査を無料で受けられる対象に、30〜50代の男性を追加した。

 対象の世代は、医療制度の変遷によりワクチンの接種率が低いとされている。2日までの今年の市内性別・年齢階級別患者数でも男性報告数80人のうち、同世代が67人と8割以上を占めている。

 市感染症対策課によると、県内で1600人以上の患者を出し風疹が大流行した2013年に、川崎市は当時も緊急対策として23歳〜39歳の男性に対象を拡大してワクチン接種事業を実施。4月の開始から3カ月間に接種者が集中した結果、全国よりも早く5月初旬から患者数が減少した。

 市は当時のデータ等をもとに今事業費に8千万円を算出。開会中の第4回市議会定例会に補正予算として計上した。12月3日に事業を開始し、来年3月31日まで継続する。

 市健康安全研究所の岡部信彦所長は「風疹の抗体は時間の経過とともに弱まる性質を持つ。抗体を持っている人が予防接種しても問題ない」と解説。市内協力医療機関の宮前区の医師は「風疹は予防可能な感染症。ワクチンを受け、免疫を獲得しておくことが重要」と、積極的な検査受診、ワクチン接種を促している。

中原区版のトップニュース最新6

移転し再建の方針

川崎市市民ミュージアム

移転し再建の方針 文化

骨子案で公表、候補地は未定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

「自生ホタル」輝き放つ

中原区市民健康の森

「自生ホタル」輝き放つ 文化

育てる会、10年間の活動実る

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修

6月4日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

連合チームで初出場

学童野球天神町・今井西町

連合チームで初出場 スポーツ

ユニホーム別でも絆深め

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter