中原区版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

どうして年越しは蕎麦? 中原そば商組合

教育

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
60周年記念冊子を手にする組合メンバー
60周年記念冊子を手にする組合メンバー

 大晦日に食べるそばは、現代でも歳末の風物詩として多くの人たちに浸透し親しまれているが、そもそもなぜ年越しにそばなのだろうか。

 年越しにそばが食べられるようになった由来は長寿祈願、縁起物、捲土重来、健康祈願、三角縁起、運気の6つがあるという。そばが細く長くのびるといった特徴から家運や寿命を延ばすという「長寿説」は広く知られた説だが、この他にも、蕎麦の実が心臓や肝臓などの「五臓」の毒を取ると信じられていたことに由来する「健康祈願説」、そばの実が邪気を払うとされる三角の形であることから縁起が良いとされた説などさまざまなものがある。

年越しにぴったり縁起良い具材

 年越しそばの食べ方に明確な決まりはないが、縁起が良いとされるのが鰊と葱。「二親(にしん)」の語呂合わせから多く子どもが生まれるようにという願いが込められた鰊。京都の年越しそばでは定番という。「一年の苦労をねぎ(ネギ)らう」という語呂合わせの葱は食欲を増進し、風の予防にも役立ち、地方によってはネギを箸代わりにしてそばをすくい、葱ごとそのまま食べるところもあるとか。

60余年の歴史ある中原そば商組合

 そんな年越しに、毎年区内で美味しいそばを販売しているのが、来年で63年を迎える「中原そば商組合(佐藤敏彦会長)」だ。1956年3月に川崎蕎麦商組合から独立して発足した組織。現在は中原区を中心としたそば屋が所属しており、「お客様に美味しいそばを提供する」をテーマに、組合同士での情報交換や研究会を定期的に開催している。佐藤会長は「皆さまに美味しいそばを提供できるよう切磋琢磨しています。年越しはぜひ地元のおそば屋さんで」と話している。
 

中原区版のローカルニュース最新6

市社協、JCと「災害協定」

川崎市

市社協、JCと「災害協定」 社会

情報共有、人的支援などで連携

9月13日号

音楽とダンス、21回目の祭典

音楽とダンス、21回目の祭典 文化

インユニティ2020

9月13日号

防災キャンプで避難所体験

下沼部小

防災キャンプで避難所体験 社会

親子ら150人が参加

9月13日号

パラムーブメント推進へ

市議59人

パラムーブメント推進へ 政治

超党派で議員連盟設立

9月13日号

ICT連携に「一定の成果」

ICT連携に「一定の成果」 経済

4回目のフォーラム、盛況

9月13日号

円楽さんで「大笑い」

円楽さんで「大笑い」 文化

宅建主催の寄席に700人超

9月13日号

精養軒、金の「適マーク」取得

精養軒、金の「適マーク」取得 社会

中原消防署で交付式

9月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク