中原区版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

意見広告 川崎をふるさとに 中原区で暮らしていくには 川崎の未来を考える会 石井 あつや

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 中原区の皆さま初めまして、川崎の未来を考える会の石井あつやと申します。私は少子高齢化や年金問題など、次の世代にも影響が出るものを解決できないかと政治に興味を持ちました。中原区宮内に生まれ育ち30年、この街の次の世代が安心して暮らせるよう活動をしています。

 川崎市といえば一昨年に人口が150万人を突破し、出生による自然増・転入による社会増と共に増加と日本国内において珍しい都市であり、また人口の内訳を見ましても働く世代である生産年齢人口が多く、比較的に若い世代の多い活気のある街です。しかし将来の川崎市はどうでしょうか?人口は2030年にピークを迎え、その後急激な高齢化社会へと舵を切ります。これは現在の川崎市では転入により15〜30歳の増加が非常に多いのに比べ、0〜4歳の未就学児世代が転出により減少していることが起因しています。つまり川崎市は子育てにはまだまだ向かないのが原因の一つなのです。

 私は川崎市で生まれた子にこの街で育って欲しい。また転出した方にも、あの街は暮らしやすいからいずれは戻って暮らしたい、そう思ってもらえるふるさとの様な街で在って欲しいと考えています。共働きが増加している昨今、より良い子育ての環境が求められています。まずは待機児童問題を解決し、子どものための保育・保護者のための保育の多様性を確保できるよう活動を続けて参ります。

吉沢直美

神奈川県川崎市中原区宮内3-14-5 ハイムアネックスB棟101

TEL:044-872-9388

中原区版の意見広告・議会報告最新6

被害を繰り返さないために

市政レポートVol.4

被害を繰り返さないために

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月18日号

必見!幼保無償化の裏側。川崎市と国とで実は財源をめぐる熾烈なバトルが繰り広げられていた!

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

市政レポート

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

自民党川崎市議団 原 典之

10月4日号

SDGsで住み続けたい街へ

市政報告

SDGsで住み続けたい街へ

川崎市議会議員 川島 まさひろ

10月4日号

災害時の避難場所改めて市に要望

市政報告

災害時の避難場所改めて市に要望

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

10月4日号

被災時の仮住まいに公共施設の開放を

市政報告

被災時の仮住まいに公共施設の開放を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月4日号

カジノ誘致、知事も支持改めよ

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子 県政報告

カジノ誘致、知事も支持改めよ

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク