中原区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

消防団応援事業 新たに26店舗が協力へ 団員不足解消の一助に

経済

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
協力店舗に渡される表示証
協力店舗に渡される表示証

 消防団員を応援しよう-。そんな動きが区内の商店街などで広がりを見せている。団員が団員手帳を提示すると商店や商業施設などでサービスが受けられる「川崎市消防団応援事業所制度」で、区内から新たに20店舗以上の協力申請があったという。中原消防署では「団員不足解消へ、入団する魅力の一つになれば」としている。

 協力申請したのはブレーメン通り商店街(伊藤博理事長)やサライ通り商店街(鈴木照明会長)の、飲食店や販売店など計26店舗(1月15日時点)。消防局では現在、登録完了へ手続きを進めている。

 この制度は、団員不足解消へ向けて新規入団を促進するためだけでなく地域経済の活性化も目的に、2015年7月に開始。飲食店など登録された店舗ごとに、食事代10%割引やソフトドリンクサービスなどの特典を設けた。昨年11月時点で市内で94店舗が登録。しかし、中原区では登録店舗が3店舗のみだった。これを受けて中原消防署では昨年秋ごろから積極的にPRを開始。熊谷智子副署長を中心に区内商店街に改めて協力を呼び掛けた。消防職員は「これまで署や団からのアピールも足りていなかった。声がけに快く応えてくれて今回の大幅な増加につながった」と話す。

 ブレーメン通り商店街の伊藤理事長は「消防団員の皆さんは日頃から訓練や夜間の出動などボランティアで地域のために活動してくれている。その苦労に商店街として恩返しできれば。消防団に対する地域の人の理解ももっと深まればいい」と話していた。

 中原消防団では団員確保に尽力しており、昨年は新たに女性団員が7人入団したが、定数249人に対し、213人にとどまっている。

中原区版のトップニュース最新6

移転し再建の方針

川崎市市民ミュージアム

移転し再建の方針 文化

骨子案で公表、候補地は未定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

「自生ホタル」輝き放つ

中原区市民健康の森

「自生ホタル」輝き放つ 文化

育てる会、10年間の活動実る

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修

6月4日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

連合チームで初出場

学童野球天神町・今井西町

連合チームで初出場 スポーツ

ユニホーム別でも絆深め

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter