中原区版 エリアトップへ

2019年1月の記事一覧

  • 格差のない住みやすい街川崎に

    意見広告

    格差のない住みやすい街川崎に

    立憲民主党 河村 リョウ

     皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。河村リョウは民進党第10区のスタッフ、中原区選出の滝田孝徳神奈川県会議員の秘書...(続きを読む)

    1月4日号

  • 振り込め詐欺に注意呼びかけ

    振り込め詐欺に注意呼びかけ 社会

     年末に急増する振り込め詐欺や火災の防止を呼び掛けようと、中原消防署(谷芳之署長)と中原警察署(則次誠二郎署長)による出陣式が12月21日、同消防署で開催された...(続きを読む)

    1月4日号

  • 女性団員7人が入団

    中原消防団

    女性団員7人が入団 社会

    6日には出初式

     中原消防団(布施行雄団長)の辞令交付式が12月26日、中原消防署(谷芳之署長)講堂で行われた。冒頭で谷署長から式辞が述べられた後、布施団長から一人ひとりに辞令...(続きを読む)

    1月4日号

  • 原氏 webで情報発信

    原氏 webで情報発信

    詳しくは「政治の村」で

     神奈川県と東京多摩地域の政治家情報を網羅する情報サイト「タウンニュース政治の村」では、川崎市議会議員・原典之氏の情報をはじめ、各地域の政治家プロフィ...(続きを読む)

    1月4日号

  • 理事長に大澤氏就任

    理事長に大澤氏就任 経済

    川崎JC

     市内若手経営者らでつくる一般社団法人川崎青年会議所(JC)の2019年度の新体制が今月1日、発足した。任期は1年。 執行部役員は次の通...(続きを読む)

    1月4日号

  • 区内神社で新春行事

    区内神社で新春行事 文化

    びしゃ祭、どんど焼き

     丸子山王日枝神社(上丸子山王町1の1455)で1月7日(月)にびしゃ祭(午前11時から)、13日(日)に丸子どんど焼き(午後3時から)が行われる。どんど焼きは...(続きを読む)

    1月4日号

  • 大澤 淳一さん

    川崎青年会議所の理事長に就任した

    大澤 淳一さん

    幸区下平間在住 38歳

    意欲溢れる”熱男” ○…1月1日付で川崎青年会議所(JC)の69代目理事長に就任した。まちづくり活動に取り組む同JCには現...(続きを読む)

    1月4日号

  • 走って国際女性支援

    走って国際女性支援

    3月、ホワイトリボンラン

     走ることで途上国の女性支援につなげるチャリティランニング大会「ホワイトリボンラン」。この全国拠点の一つとして、「ホワイトリボンラン川崎」が3月2日、登戸地区(...(続きを読む)

    1月4日号

  • 特色いかした街づくりに注力

    新春インタビュー

    特色いかした街づくりに注力 社会

    向坂区長、新年の抱負を語る

     新年にあたり、本紙では向坂光浩中原区長にインタビューを行った。昨年の振り返りや、今年の区役所の取り組み、抱負などについて話を聞いた。(聞き手/本紙・中原区編集...(続きを読む)

    1月4日号

  • 時差通勤、3回目試行へ

    川崎市職員

    時差通勤、3回目試行へ 社会

    市内企業に協力呼びかけ

     川崎市は1月21日から10日間、朝の鉄道通勤ラッシュ対策として、職員のオフピーク通勤に取り組む。東京都が進める「時差Biz(ビズ)」の実施期間に合わせて行い、...(続きを読む)

    1月4日号

  • 「婦人科」新設、女性に寄り添う医療を

    新春インタビュー

    「婦人科」新設、女性に寄り添う医療を

    聖マリアンナ医科大学東横病院

     昭和22年の開院当初から続く「地域医療」と、平成20年に導入した「高度医療」を並進する『聖マリアンナ医科大学東横病院』。時代と地域ニーズに合わせた医療を提供し...(続きを読む)

    1月1日号

  • 貴重な文化や建物、後世に残そう川崎の宝

    市政報告

    貴重な文化や建物、後世に残そう川崎の宝

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     新年あけましておめでとうございます。旧年中のご指導ご支援に心より感謝申し上げます。 さて、地域に伝わる生活・文化・風土に根ざして継承さ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「安心して暮らせ、ずっと住み続けていたいと思う街」の実現に向けて

    市政報告NO.50

    「安心して暮らせ、ずっと住み続けていたいと思う街」の実現に向けて

    みらい川崎市議会議員団 松井たかし

     皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのことと存じます。 昨年は、川崎フロンターレの2連覇をはじめ、かわさきスポーツパートナーの活...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「後悔させない葬儀」のために

    「後悔させない葬儀」のために

    株式会社川崎葬儀社 代表取締役川崎葬祭具協同組合 理事長齋藤隆さん

     川崎葬祭具協同組合に加盟する(株)川崎葬儀社では、後悔しない葬儀を行うためには『事前相談』が大切という。「普段は敬遠しがちな案件ですが、不幸は突然訪れるだけに...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「家族の仲を大切に」

    「家族の仲を大切に」

    西山裕志税理士事務所 所長西山裕志さん

     法人の財務会計から個人の相続相談まで、全国でセミナー講師も務める地域密着の西山裕志税理士事務所の西山所長に、年頭にあたり話を聞いた。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 幼・保無償化も!?増す地方負担に透ける”地方創生”の正体とは?

    市政レポートNo.108

    幼・保無償化も!?増す地方負担に透ける”地方創生”の正体とは?

    みらい市議団・川崎市議会議員 おしもとよしじ

     政府は、10月から実施する幼児教育・保育の無償化の必要財源を当初8300億円と見込み、その半分以上を市町村に負担させる原案が示された所、全国市長会が「国が恒久...(続きを読む)

    1月1日号

  • ますます便利に!キャッシュレス"都市(シティ)KANAGAWA宣言"を展開

    県政報告Vol.8

    ますます便利に!キャッシュレス"都市(シティ)KANAGAWA宣言"を展開

    神奈川県議会議員 川本 学

     皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。本年は御代替わりの年でもあり新天皇の即位に伴い、平成から変わる新しい元号が気になるところ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「猪突猛進」区民の声を、市に届けます!

    市政報告vol.43

    「猪突猛進」区民の声を、市に届けます!

    川崎市議会議員 末永 直

     亥年。私は年男だ。さて、平成31年最初の市政報告は、去る12月18日の私の一般質問の内容だ。本稿では2点。ともに地元の声を代弁したもの...(続きを読む)

    1月1日号

  • 財政は「今が一番厳しい」のか

    市政報告

    財政は「今が一番厳しい」のか

    地域政党あしたのかわさき 重冨たつや

     私が初当選させて頂いた4年前、市は「2019年度以降は、収支不足の解消が見通せる状況」として、臨時的に積立金を切り崩して市政運営を行っていました。しかしその後...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新春も梅里でゴルフ練習

    元日より営業

    新春も梅里でゴルフ練習

    1月2・3日は年賀の粗品をプレゼント

     「2019年の初打ちは、当梅里カントリークラブへ」――。全75打席を有する同練習場=写真=には、横浜や川崎はもとより都内からも多くの人が訪れるという。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 元号表記?西暦表記?

    市政レポート

    元号表記?西暦表記?

    自民党川崎市議団副団長 原 典之

     平成31年を皆様とともに迎えられましたこと、大変喜ばしく思います。 天皇陛下の譲位が本年4月30日に、翌5月1日には皇太子殿下がご即位...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「ランドマーク病院」として地域の期待に応えたい

    「ランドマーク病院」として地域の期待に応えたい

    関東労災病院 佐藤譲病院長

     関東労災病院は1957年、京浜重化学工業地帯の被災労働者対策と地域医療の充実を図るために内科、外科、整形外科、放射線科の4診療科に病床数100で開院した。現在...(続きを読む)

    1月1日号

  • 住民が大事にされる社会を

    県政報告

    住民が大事にされる社会を

    日本共産党神奈川県議会 君嶋ちか子

     新しい年に何を願うかと問われれば、やはり「安心して暮らせる社会を」という思いです。 原稿を書く傍ら、辺野古の美しい海に土砂が投入される...(続きを読む)

    1月1日号

  • 都市農業の振興に邁進

    新春特別寄稿

    都市農業の振興に邁進 経済

    セレサ川崎農業協同組合 代表理事組合長 原 修一

     JAセレサ川崎は「食と農を守り豊かな暮らしの実現をめざして都市農業の振興と地域社会の発展に貢献します」という経営理念を掲げ、各事業に取り組んでおります。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 住み続けたい街へ

    市政報告

    住み続けたい街へ

    川崎市議会議員 川島 まさひろ

     平成31年の新しい朝を迎えました。本年が皆様にとって素晴らしい一年になりますことを祈念しますとともに、本年も全力で「住み続けたい街」の実現に向け取り組んで参り...(続きを読む)

    1月1日号

  • ロケ地「川崎」を堪能

    ロケ地「川崎」を堪能 文化

    市民ミュージアムが作品上映

     「映画における川崎の情景」と題した上映会が、川崎市市民ミュージアムで1月5日(土)から行われる。1951年から81年までに市内で撮影された8作品を通して、当時...(続きを読む)

    1月1日号

  • 1位は「川崎F(フロンターレ)連覇」

    1位は「川崎F(フロンターレ)連覇」 社会

    2018年「川崎市10大ニュース」

     その年印象に残った出来事やニュースを市民の投票によって決める「川崎市10大ニュース」が年末に発表され、2018年の1位は「川崎フロンターレJリーグ2連覇」とな...(続きを読む)

    1月1日号

  • 日帰り脱腸手術に特化

    日帰り脱腸手術に特化

    たまプラーザ駅そば 1年5カ月で390件の実績

     保険適用が可能な日帰り脱腸手術に特化する「横浜青葉そけいヘルニア・外科クリニック」。開院1年と5カ月ですでに390件の手術実績があるという田上院長は「脱腸が元...(続きを読む)

    1月1日号

  • 株取引が電話で簡単に

    アイザワ証券

    株取引が電話で簡単に

    手数料キャンペーン実施

     「株を始めたいけど、よく分からないし、インターネットも面倒で…」。そんな方に朗報。アイザワ証券が昨年10月から実施している「コールセンター(電話)取引」が好評...(続きを読む)

    1月1日号

  • 地域完結型医療を目指して

    地域完結型医療を目指して

    川崎市立 井田病院 中島洋介病院長 

     今年、開設から70年目を迎える川崎市立井田病院。3年前に外来と病棟を一新し、救急はもちろん、内視鏡、化学療法、透析の各センターを構えて機能の充実を図った。現在...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter