中原区版 エリアトップへ

2019年1月の記事一覧

  • 中学卒業まで、所得制限なく小児医療費無料化を

    意見広告

    中学卒業まで、所得制限なく小児医療費無料化を

    日本共産党川崎市議会議員 おおば裕子

     私たちが行った市民アンケートの「子育て支援」の要望で、「小児医療費助成制度の拡充」が3割ありました。記述欄には「中学の部活で骨折やケガをして病院通いです。医療...(続きを読む)

    1月1日号

  • 働く世代に家族との豊かな生活を

    意見広告

    働く世代に家族との豊かな生活を

    日本共産党 市古 次郎

     私は平間で育ち、現在は苅宿に妻と子ども2人で暮らしております。20年間、自動車販売会社に勤め、裁量労働制で長時間勤務も経験しました。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 小杉のまちづくり再考を

    意見広告

    小杉のまちづくり再考を

    日本共産党川崎市会議員 市古 てるみ

     武蔵小杉のまちづくりは、再開発計画が浮上した時から、さまざまな角度から議会でも議論をしてきました。風害、複合日陰、保育園も小学校も足りない、武蔵小杉駅の異常な...(続きを読む)

    1月1日号

  • 多摩川で正月遊び

    多摩川で正月遊び 文化

    とどろき水辺の楽校

     多摩川の水辺で体験・環境学習などを行う、とどろき水辺の楽校は13日(日)、「多摩川凧揚げと雑煮大会」を多摩川とどろき河川敷(等々力保育園近く)で開催する。午前...(続きを読む)

    1月1日号

  • 恒例の無料音楽会に60人

    恒例の無料音楽会に60人 文化

     宮内に本社を構えるサンフォニックスが先月16日、同社1階のピアノショールームで無料コンサートを行った。事前申込で当選した60人が訪れ、森丘ヒロキさんのピアノと...(続きを読む)

    1月1日号

  • 2020へ「川崎力」充実を

    2020へ「川崎力」充実を 社会

    福田市長、今年の展望語る

     2019年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。子育て支援やまちづくりについて方向性を示す一方で、消費増税やふるさと納税...(続きを読む)

    1月1日号

  • 14,153人が新成人に

    14,153人が新成人に 教育

    14日、とどろきアリーナでつどい

     川崎市の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」が1月14日(月・成人の日)、とどろきアリーナで開催される。主催は川崎市、市教育委員会、市選挙管理委員会。中...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter