中原区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

4月1日付で中原消防署長に就任した 石井 博道さん 横浜市在住 59歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

深い思考で火災を予防

 ○…予防課長として中原消防署に勤務していたのは6年前。高い建物が増え、若い家族連れが増えた印象だ。署長として戻ってきた日、署員に呼びかけたのは「ルールを守ろう」という当たり前のことだった。「公務員は市民の見本であるべき。中原区は、人口と共に増える救急出動や高層ビルの消火活動など、需要にどう応えていくかが課題」と意気込む。

 ○…福島県出身。大学卒業後、消防の道へ。現場の花形とされる消火活動より、火災発生を未然に防ぐ予防活動の仕事に長く取り組んできた。建設予定のビルの間取りを見ながら消防設備の取り付けを指導したり、計画中の地下フロアに避難用の階段設置を求めたり。中原消防署近くに建つタワーマンションは、そんな消防法適合のための事前相談から携わった縁もある。「発展する街の安全管理に関われて嬉しかった。建築物の寿命は最低でも50年。住む人が安全に過ごせるように造ってほしいと思いを込めた」

 ○…高校生の時に哲学に興味を持ち、物事を根本的な部分からじっくり考える癖がついた。深い思考を求めて本を読むうちに、興味は鉱物、星座、植物、動物、昆虫、地球の歴史と広がっていった。

最近は、亡き妻を思った歌を多く残したという奈良時代の歌人・大伴旅人に自身を重ね、万葉集を読んでいた。「昨年、女房を亡くしてね。元号が令和に決まる前から読んでいたから驚いたね」

 ○…行政、警察、消防の連携を図り、まちの安心安全を目指すため結成された『MEZASHI』について「皆さんからの期待をひしひしと感じる。自分のキャラクターとは違う気もするが、私なりに取り組んでいきたい」と前向きだ。「我々も地域の一員。地元に根差した組織として、安全と安心を提供するのが仕事」

中原区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク