中原区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める ハキマ バトハウイさん 新城在住

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

日本とアラブの架け橋に

 ○…母国モロッコやサウジアラビア大使館で勤務した実績を買われ、昨年7月にUAE大使室長に就任。大使の右腕としてスケジュール管理やメディア対応、日本政府との折衝などの役割を担う。UAEが宇宙開発に力を入れており、昨年にはJAXAと連携し種子島でのロケット打ち上げに参加した。「2020年のドバイエキスポを機に、再度探査機を火星に向けて発射する。また貢献したいですね」と意気込む。

 ○…モロッコで3人姉妹の次女として生まれる。幼くして父を亡くし、悲しみにくれる中、励みになったのが日本のアニメだった。「特にタイガーマスクには勇気づけられた。主人公が親のいない子を支援するというストーリーを見て、とても優しい国だと思った」。アニメに憧れ日本語を学ぶため、21歳の時に川崎へ。国際交流センターで基礎を学んだ後は、警視庁でアラビア語を教える仕事を始め、日本人と会話する中で日本語をマスターしていった。友人に誘われ試験を受け、NHK国際放送局のアナウンサーになり、今もニュースの翻訳やレポーターとして活躍する。

 ○…地元商店街の夏祭りでは神輿を担いだり、祖国モロッコの料理「クスクス」や「タジン料理」を振る舞まったことも。「地元の方と触れ合うのが好きですね」。密かな楽しみは、風呂桶を持って近所にある銭湯に通うこと。「モロッコにも似たようなハマムという蒸し風呂があって懐かしいんです」

 ○…目標は日本とアラブの距離を縮めること。「そのために総理大臣の補佐官になりたい」と笑う。中東はエネルギーだけというイメージしかないのではといった懸念を抱く。「優しく思いやりのある国民性は一緒だと感じる。距離は遠いけど、もっと身近な関係にしたい。その架け橋になれたら」

中原区版の人物風土記最新6

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク