中原区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

(PR)

再開発で武蔵小杉北口周辺の医療も変貌―― 医療レポート 小杉初の「日帰り白内障手術」も進化 痛みほぼなく、僅か10分程に 眼科『小杉タワークリニック』

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

小杉で草分け駅前の眼科

 「住みたい街ランキング」の上位に名を連ねる武蔵小杉。大型再開発で駅周辺はタワーマンションや商業施設が建ち並び、人口増で小学校が新設されるなど大きく変貌した。同時に、地域医療もここ数年で大きく変化。昭和20年代から地域の総合病院を担ってきた聖マリアンナ医大東横病院は、時代の変化とニーズを受け2008年に都市型専門病院にリニューアル。日医大武蔵小杉病院も救命救急センターを設置し、21年秋には新病院への建て替えが予定されている。

 一方、地域のクリニックでは駅前の利便性等をいかし医療モール化が進む。小杉周辺で最初にモール化を手掛けたのは「小杉タワークリニック」。2000年の開院当初は眼科・耳鼻科を親子で診療していたが、初代院長の勇退に伴い眼科専門に一新。併せて、高齢者専門の医療モールをめざし、内科・整形外科・耳鼻科の専門ドクターを順次誘致してきた。現在は歯科も含め5クリニックの医療モールを形成。医師同士が定期的に情報交換を行っている=写真上。

白内障手術、新機器を導入

 また、同院が02年に武蔵小杉周辺で初めて導入した「日帰り白内障手術」も時代とともに進化。その一つが手術時間だ。当時は1時間ほど要したが、年々短くなり今年新たに導入した手術機器では10分程度と当時の約6分の1に短縮。手術の傷口も5ミリ超から2ミリ程に縮小しほぼ無痛に。遠近レンズなど眼内レンズの材質や種類も増え、長期的にはコンタクトレンズより低コストとあって50代から希望する人が増えているようだ。林院長は「眼が単独臓器なのもあるが、同じ手術でこれほど短期間に進化を遂げるのは珍しい。リスクが軽減され快適な手術になりつつある」と話す。

乳幼児・高齢者障害者にも安心

 同クリニックが入る医療モール『武蔵小杉駅前メディカルプラザ』は、駅・バス停・タクシー乗り場が目の前で、ベビーカーや車イス、高齢者や障害者でも通いやすい立地。ビルのフロア内にあるので雨風や暑さをしのげ、郵便局やコンビニ、飲食店もあり待ち時間が気にならない環境が整う。モール内の医療連携、緊急対応も可。同院は平日19時まで受付。

小杉タワークリニック

川崎市中原区小杉町1-403 1階

TEL:044-712-1077

http://www.kosugitowerclinic.com/

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方などを分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300307109200

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6

多世代交流のまちを終の棲家に

「夕佳ゆめみがさき」で食事付き見学会

多世代交流のまちを終の棲家に

10月23日、24日、26日、27日の4日間

10月11日号

中原区で利用者、増加中

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

中原区で利用者、増加中

区民祭(20日)に「PRブース」、活用法レクチャーや抽選会も

10月11日号

アイドルとオケの異色共演

アイドルとオケの異色共演

本広監督がプロデュース

10月11日号

「楽器で健康脳活」

参加募集

「楽器で健康脳活」

宮内で講演、ミニライブも

10月11日号

中原の魅力伝わる写真を

作品募集中

中原の魅力伝わる写真を

なかはらフォトコンテスト

10月4日号

働く女性の健康を応援

参加募集

働く女性の健康を応援

19日(土)、女性医療フォーラム

10月4日号

「入れ歯の悩み、諦めないで」

「入れ歯の悩み、諦めないで」

相談、随時受付中

9月27日号

山口真由さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク