中原区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

川崎市内でケアについての勉強会を開催する 高安 千穂さん 幸区在住 39歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

人と地域に寄り添う

 ○…「介護と育児などのダブルケアを取り巻く現状や当事者の声を社会に発信し、悩んでいる人たちの力になりたい」。そんな思いから昨年12月、チーム「ダブルケアかわさき」を立ち上げた。今年度、川崎市男女共同参画センター協働事業として市内各区で勉強会を行う。5月に幸区で実施した初の勉強会では、「ケアについて話しができる相手がいなかったので繫がれるコミュニティーがあるとホッとできる」といった声を聞き、こうした場の必要性を改めて実感した。

 ○…3年前、祖母の介護と育児とのダブルケアの状態になった。要介護状態ではなかったため、法律上の介護休業ではなかったが、勤務先の理解もあり、1年間休むことができた。ただ、周囲からは厳しい目で見られていると感じていたという。そうした中、昨年、ダブルケアをテーマにしたセミナーに参加し、ケアは重い軽いは関係ないと言われ、自分のした事が認められた気がした。そしてケアは肉体的、経済的、精神的など多様なものだということを学んだ。

 ○…勉強会ではこの1年はまず、多くの人から、何があればケアの現場で助かるのか意見を聞き、実態を把握したいと思っている。会を継続していくなかでいずれは、ケアを理由とした離職の防止、不当な評価やハラスメントの防止、社会的孤立からの早期の解消などに繫がればと考えている。

 ○…現在は会社に籍を置きながら、キャリアカウンセラーとしても活動する。「仕事」のことだけでなく「生きる上で経験する様々な出来事」の現状や悩みをともに考える仕事だ。働く人と地域とをつなげることが出来ればとも思っている。中学1年生の長男、小学4年生の長女とスイーツやラーメンの食べ歩きをするのが息抜きだ。
 

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク