中原区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

市政報告Vol.1 公共施設はまだまだ活かせる 川崎市議会議員 重冨たつや

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 豊かな生活のためには最低限の「物」が必要ですが、物で満たされるだけで豊かな生活を送れるとは思えません。メディアでしばしば見かける幸福度に関する研究では「社会的なつながり」が幸福度に影響することが指摘されています。そうだとすれば、自治体にとって社会的なつながりのきっかけをつくることは重要な役割だといえます。川崎市でも現在、公共施設だけでなく市内のさまざまな空間・施設でのきっかけづくりを検討しています。

教育会館の利用率年間平均37%

 一方で、まずは今川崎市が持っている公共施設が市民目線で使いやすくなっているのか、既存の規則やルールが施設活用の足かせになっていないのかは改めて確認すべきです。例えば中原区の教育会館は、規則によって使用できる者を原則として「教育関係職員」に限定しています。最大180名で利用可能な大会議室などの現在の利用率は年間平均で37%となっており、中原市民館の利用率が約80%であることを考えれば現在の規則には疑問を感じざるを得ません。

 地域にはこども文化センターやいこいの家など多くの公共施設がありますが、利用者目線ではないとも思えるルールが慣習として残っていることがあります。仕事や家庭以外の居場所として地域が社会的なつながりのきっかけになっていくために公共施設が果たすべき役割は大きいはずですし、市民の税金でつくられたのですから最大限市民が使いたくなるような施設にすべきです。お近くの公共施設などについて、利用者としてのご意見などありましたら是非お気軽にご連絡ください。
 

重冨たつや

中原区上小田中5-10-15 クレール武蔵中原101

http://t-shigetomi.com/

関東労災病院 市民公開講座

大腸がん・がん患者へのサポート・食事について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版の意見広告・議会報告最新6

大人からも選ばれる学校へ

市政報告Vol.2

大人からも選ばれる学校へ

川崎市議会議員 重冨たつや

7月19日号

特殊なエリア中原区での防災意識

市政レポートVol.1

特殊なエリア中原区での防災意識

川崎市議会議員 吉沢 直美

7月19日号

市民の声に応え、利便性に資する「市内バス路線ネットワークの再編を」

市政報告vol.48

市民の声に応え、利便性に資する「市内バス路線ネットワークの再編を」

自民党川崎市議団副団長 末永 直

7月12日号

令和元年 第三回定例化を終えて

市政報告Vol.2

令和元年 第三回定例化を終えて

川崎市議会議員 松川正二郎

7月5日号

神奈川県後期高齢者医療広域連合議員に選出

市政レポート

神奈川県後期高齢者医療広域連合議員に選出

自民党川崎市議団 原 典之

7月5日号

川崎港に於けるホテルシップ運営について

市政報告

川崎港に於けるホテルシップ運営について

川崎市議会議員 松原しげふみ

6月28日号

悪質な事業者による給付費不正請求を追及

市政レポートNo.114

悪質な事業者による給付費不正請求を追及

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「夕市」は27日に

井田中ノ町商栄会

「夕市」は27日に

カブト虫、鈴虫の無料配布も

7月27日~7月27日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク