中原区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

平成30年度 市政報告Vol.4 市内児童虐待 相談件数4134件 川崎市議会議員 松川正二郎

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 平成24年に議員提案によって制定した「川崎市子どもを虐待から守る条例」の第21条に基づく年次報告書の平成30年度版が先日公表されました。市全体の相談・通告件数は4134件、対前年比26・7%の増加となっています。増加率が前年の13・5%から約2倍となり、増加傾向が強くなっています。中原区においては、前年度より129件多く560件、対前年度比29・9%増となっています。虐待種別件数では、心理的虐待が最も多く54・3%、次いでネグレクト、身体的虐待となっています。年齢別件数では、就学前までの乳幼児が全体の半数を超え53・4%となりました。虐待者別件数では、実母が最も多く63・8%でした。通告や相談の経路別件数では、警察から児童相談所への件数が大きく増加しています。併せて、近隣・知人からの件数も大きく増加しており、特に、社会的に注目を集める事件(平成29年3月目黒区事件、平成30年1月野田市事件)の報道等を受けた直後には、地域の児童虐待への関心が高まり、相談通告が急増する傾向が見られました。

 年齢層別に虐待者内訳をみますと、虐待者が実母であった割合は、子どもの年齢が低い層ほど高く、逆に虐待者が実父であった割合は、子どもの年齢が高い層ほど高くなっています。また、虐待者自ら通告するケースも193件報告され、うち185件が実母によるもの、その7割以上が未就学児の育児中という切迫した結果も出てきました。

 このことから、育児の悩みを抱える保護者の状況が児童虐待につながることのないよう、早期の把握と支援の充実が重要であり、乳幼児期の子どものいる全家庭を対象とした母子健康の取組と児童家庭相談機能の更なる強化が必要だと考えます。痛ましい事件が二度と繰り返されることのないよう、行政機関のみならず、コミュニティや地域も一丸となって対策に取り組んでいきたいと思います。
 

川崎市議会議員 松川正二郎

TEL:044-328-9619

http://matsukawa.top/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

BBQ問題解決を目指す秋のイベント

市政レポートVol.3

BBQ問題解決を目指す秋のイベント

川崎市議会議員 吉沢 直美

9月20日号

交通事故の影響を最小限に

市政報告Vol.3

交通事故の影響を最小限に

川崎市議会議員 重冨たつや

9月20日号

「介護」という、いつか、みんなが直面する課題を一緒に考えませんか。

市政報告vol.50

「介護」という、いつか、みんなが直面する課題を一緒に考えませんか。

自民党川崎市議団副団長 末永 直

9月13日号

「こすぎコアパーク」来夏、リニューアルへ

市政レポート

「こすぎコアパーク」来夏、リニューアルへ

自民党川崎市議団 原 典之

9月6日号

音楽のまち・かわさきストリートピアノ設置について

市政報告

音楽のまち・かわさきストリートピアノ設置について

川崎市議会議員 松原しげふみ

8月30日号

市民感覚から大きく懸け離れた市出資法人の役員報酬改定を質す

市政レポートNo.116

市民感覚から大きく懸け離れた市出資法人の役員報酬改定を質す

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

8月30日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク