中原区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

台風のおかげ?スズメバチ駆除 「10月上旬までは要注意」

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
駆除されたスズメバチの巣
駆除されたスズメバチの巣

 台風のおかげで?スズメバチの巣を発見――。

 区内上新城に住む柏原美佐子さん(72)宅の垣根の木が、9月9日に関東を襲った台風15号により大きく折れ曲がってしまったという。そのため13日夕方、高枝切りバサミで枝を切っていたところ、高さ3メートルほどの木の上にサッカーボール大の塊があることに気付いた。「嫌な予感」がして翌朝確認すると、何とスズメバチの巣。すぐに区役所に連絡し助言を受け、専門業者に駆除を依頼。成虫、幼虫がぎっしり詰まった巣が取り除かれ、事なきを得た。

 柏原さんは庭でメダカを飼っており、「最近スズメバチが(メダカの)水槽の水を飲みによく来ているようで怖かった。まさか敷地内にこんな大きい巣があったなんて」と驚きを隠せない。

 巣を駆除した(株)SRSの担当者は「蜂の活動がピークとなる夏から初秋にかけて依頼が増える。10月上旬までは気をつけてほしい」と話す。それでも、女王蜂以外のスズメバチが越冬することはなく、一度作った巣に翌年再び戻ることもないという。ただ、蜂は春先から巣を作り始めるため、巣が作られやすい木や軒下などに4月頃から市販の殺虫剤をまいておくことも有効という。

8・9月で90件超

 中原区内でも蜂に関する苦情や問合せは多い。区衛生課に寄せられた相談件数は、8月は55件、9月は36件(27日時点)で、スズメバチに関する割合が増えているという。しかし、行政では駆除などを行っていないため、公衆衛生活動を専門とする神奈川県ペストコントロール協会に問い合わせるよう促している。

 全国でも相次ぐスズメバチの被害。もうしばらく注意が必要のようだ。

中原区版のローカルニュース最新6

折れた枝から5輪の桜

折れた枝から5輪の桜 社会

地域住民が見つける

12月6日号

住まいに潤いを―

住まいに潤いを― 社会

12月8日、新丸子駅前でイベント

12月6日号

下小田中第一がV2

下小田中第一がV2 スポーツ

秋季ドッジボール大会

12月6日号

新城イルミ 雨の点灯パレード

新城イルミ 雨の点灯パレード 社会

橘中吹奏楽部、華やかに

12月6日号

台風被害へ寄付

台風被害へ寄付 社会

(社福)ばなな会

12月6日号

「はたらくクルマ」見学しよう

コミュニケーション・プラザ川崎

「はたらくクルマ」見学しよう 文化

12月14日 無料イベント開催

12月6日号

設立50周年祝う

川崎中原LC

設立50周年祝う 社会

記念式典に90人

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク