中原区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

市政報告Vol.4 効果的な児童虐待対策を 川崎市議会議員 重冨たつや

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 平成30年度に川崎市が受付けた児童虐待に関する相談・通告件数は4134件でした。平成26年度は2390件だったのでこの5年間で約1・7倍になっています。件数増加についてはさまざまな意見があります。「虐待に対する意識の高まりを示していて、重症化する前に支援の手をさしのべられるようになった」というポジティブな意見も少なくありませんが、実際はどうなのでしょうか。現状を正しく理解するために今回過去の資料を請求して独自に集計を行いました。

危険で深刻な虐待5年で約2・8倍

 川崎市は虐待の重症度に関する集計や公表を行っていません。請求した資料によると、最も深刻な重症度4(いのちの危険がある)の虐待は減るどころか、5年間で約2・8倍に増えていることが確認できました。より多くの虐待を行政が把握できているという意味では悪いことではないかもしれませんが、相談・通告件数の増加を「重症化前に支援の手がさしのべられるようになった」と一概にポジティブに捉えてはいけないことがわかります。

 虐待は年齢別でみれば0歳児で確認されることが多く、今後はより一層、妊産婦や乳幼児へのケアを充実させていくことが求められます。児童相談所を含めた関係機関の人員増強などについては市単独で行えることと、そうでないこともあります。どのような事業を行うとしても定期的に効果検証することが重要で、「まずやってみる」「定量的に成果を把握する」「事業を改善する」ということを続けることで、より効果的な児童虐待対策の事業実施を目指してまいります。
 

重冨たつや

中原区上小田中5-10-15 クレール武蔵中原101

http://t-shigetomi.com/

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の意見広告・議会報告最新6

持ち去られる資源物、その金額は5年間で推計約2億3740万円

市政報告

持ち去られる資源物、その金額は5年間で推計約2億3740万円

川崎市議会議員 松原しげふみ

2月28日号

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

市政レポートNo.121

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月28日号

台風災害をバネに、強く。

市政報告vol.56

台風災害をバネに、強く。

川崎市議会議員 末永 直

2月14日号

「南武線立体交差事業」その計画は?

市政レポートVol.9

「南武線立体交差事業」その計画は?

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月24日号

感謝の気持ちで『食品ロス』削減を!

市政レポートVol.8

感謝の気持ちで『食品ロス』削減を!

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月17日号

12時間丸子排水ゲート閉鎖できずの真相は!?

市政報告vol.55

12時間丸子排水ゲート閉鎖できずの真相は!?

川崎市議会議員 末永 直

1月10日号

2020オリ・パラアツい想いを手話ダンスで!

市政レポートVol.7

2020オリ・パラアツい想いを手話ダンスで!

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク