中原区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の 中矢 邦彦さん 高津区在住 78歳

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

80歳も、グラウンドで

 ○…70歳以上の選手だけで行われる「全日本古希軟式野球大会」で昨秋、3年ぶり2度目の優勝を果たした「川崎ブルーソックス」。市の新年行事に招かれるなど脚光を浴びている。今年は連覇を目指し、早くも今月22日、監督・選手34人と共に総会を開き今年度をスタートさせる。「うちは走れる選手が多いから積極的に走塁を見せたい。ミスのないきっちりした野球を今年もできれば」と意気込む。

 ○…チームの平均年齢は75・6歳。「グラウンドでピンピンコロリ」を合言葉に、公式戦など年間約42試合をこなす。まとめ役として最も大切にしているのは「”強さ”と”楽しさ”を両立させること」。「勝ちにこだわると、試合に出られない選手も出てくる。アマチュアだからこそ、お互いを尊重することが大切。勝つ喜びを皆で共有することが楽しいから」と野球の極意を語る。

 ○…東京都出身。小3で始めた野球に今も夢中だ。高校時代には、当時早稲田実業高校だった王貞治さんと練習試合をした思い出も。社会人になっても野球を続け、結婚を機に川崎へ。定年間近に会社の先輩に誘われ、地元の還暦野球チームに入った。「会社員は定年後付き合いが減っていくと聞いてたけど、他の還暦チームとも仲良くなって、年賀状が増えたのは驚いた。ここまで長く続けられたのは、健康と家族の理解あってこそ。有難いね」

 ○…穏やかな口調ながら「三振でヘラヘラしてると怒りたくなる。勝負なんだから勝たなきゃ」と厳しい一面も。体を鍛えるトレーニングも欠かさない。一昨年監督を務め、体が動きづらくなった自覚がある。「80歳まではグラウンドに立ちたい。今年はレギュラーとして活躍することが目標」と意欲を燃やす。

中原区版の人物風土記最新6

小野 聰(さとし)さん

「川崎ウオーキング協会」で多摩川沿いを1900Km歩いた記録を持つ

小野 聰(さとし)さん

下小田中在住 76歳

9月25日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

9月18日号

田島 充さん

9月3日付で、中原警察署の第55代署長に就任した

田島 充さん

下小田中在住 57歳

9月11日号

廣川 智一さん

今年8月で設立25周年を迎えた、川崎市とどろきアリーナの支配人を務める

廣川 智一さん

等々力在勤 53歳

9月4日号

鹿島 義久さん

下小田中の児童見守り活動の中心メンバーで、約30年取り組んでいる

鹿島 義久さん コミュニティ

下小田中在住 74歳

8月28日号

早坂 政博さん

多摩川の河川敷で花を育てる「多摩川園芸クラブ」の代表を務める

早坂 政博さん

小杉陣屋町在住 70歳

8月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一日限定アート鑑賞

10月10月 交流センターで

一日限定アート鑑賞

10月10日~10月10日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク