中原区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

市政報告vol.56 台風災害をバネに、強く。 川崎市議会議員 末永 直

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 2月17日から3月23日にかけて令和2年川崎市議会第一回定例会が開催されます。予算案・議案等について市長記者会見により報道発表されました。一般会計当初予算の規模は7925億円。うち市税収入3634億円。市債654億円。減債基金新規借入金120億円です。

 昨年の台風被害を踏まえた令和元年度の取組約93・5億円に加え、令和

2年度の取組約81・9億円が計上されています。主な内訳概要は割愛しますが、とりわけ「地域のつながりの強化」として、約0・3億円計上されたことは大変意味あることだと感じています。消防団員の報酬引き上げ・貸与装備品の充実等に約0・2億円。町内会・自治会の加入促進の充実に約0・1億円です。地域のつながりは即災害対策に通ずるということでしょう。

 消防団員の年額報酬が22000円から36500円へ14500円の引き上げや救助ボートやバルーン型投光器、チェーンソー用保護具、ドライブレコーダーを順次配備するとのことで、これらは折々に市に要望してきたので予算案に反映され嬉しく思います。

 関連して、消防予算では、老朽化した中原消防団中原分団小杉班器具置場を設計し、令和3年度に工事し、防災拠点の整備による地域防災力の強化を図るとのことです。

 また、消防団の災害対応能力向上及び消防団員の確保を図るために、大規模災害時等の対応や火災予防等の消防広報に限定した機能別団員制度を導入するとのことです。

 中原区予算案では、台風19号の避難所対応を踏まえ、避難所案内表示や災害時要配慮者の避難支援のための垂直避難用担架等の資器材配備の拡充が明記されています。

 「令和元年度台風19号による排水樋管周辺地域及び河川関係の浸水に関する検証委員会」が発足し、2月13日に第2回が開催されました。資料や摘録はウェブサイトで閲覧できます。

 兎にも角にも、一刻も早く災害復旧を成し遂げなくてはなりません。今議会にて予算案の使途について徹底して追及して参ります。中原区民の皆様の豊かな未来の為に。

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

「南武線立体交差事業」その計画は?

市政レポートVol.9

「南武線立体交差事業」その計画は?

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月24日号

感謝の気持ちで『食品ロス』削減を!

市政レポートVol.8

感謝の気持ちで『食品ロス』削減を!

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月17日号

12時間丸子排水ゲート閉鎖できずの真相は!?

市政報告vol.55

12時間丸子排水ゲート閉鎖できずの真相は!?

川崎市議会議員 末永 直

1月10日号

2020オリ・パラアツい想いを手話ダンスで!

市政レポートVol.7

2020オリ・パラアツい想いを手話ダンスで!

川崎市議会議員 吉沢 直美

1月10日号

住み続けたい街へ

市政報告

住み続けたい街へ

川崎市議会議員 川島 まさひろ

1月1日号

「あんしんNo.1の中原区へ」を目指して

市政報告Vol.7

「あんしんNo.1の中原区へ」を目指して

川崎市議会議員 松川正二郎

1月1日号

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク