中原区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

中原区予算案 避難所に担架・簡易ベッド 資器材を整備、補充へ

社会

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 中原区が2020年度に進める事業の概要がこのほど発表され、予算額は前年比約9200万円増の12億1800万円を計上した。主に、防災力や子どもの見守り強化、武蔵小杉駅周辺のコミュニティ活性化などに重点を置いた。

 主な事業として掲げたのは前年度同様の9項目。そのうち「安全・安心なまちづくりの推進」では、昨年の台風19号を教訓に、区内30カ所の避難所全てに要支援者のための垂直避難用担架、簡易折りたたみベッド、ヘッドライト、避難所案内表示幕などの資器材を新たに整備。区職員が物資を運搬するためのリュックサックやランタンなども補充する。また、昨年の児童死傷事件を受け、子ども自身が犯罪から身を守る力を養うための「自分を守る安全マップ」の作成を進めるとともに、地域全体での見守り活動を強化する。

 「地域活性化に向けたコミュニティづくりの推進」では、6月末の建物竣工以降に開業を予定する小杉町3丁目東地区や、夏にリニューアルを控えるこすぎコアパークで、区民や働く人が交流できる空間演出などの社会実験を行う。

区関連事業に予算

 その他、市の予算案で中原区に関わる主な事業では、7月1日に等々力陸上競技場を出発し区内を走る聖火リレーの盛り上げ、10月上旬に完成予定の等々力野球場の整備、混雑緩和や交通機能強化のためのJR横須賀線武蔵小杉駅下りホームの整備や新規改札口設計などに予算を計上。子育て関連では、認可保育所の受入れ枠を拡大させるほか、(仮称)中原区保育・子育て総合支援センターは来年2月の完成を見込む。将来的な事業では、(仮称)等々力大橋やJR南武線(矢向駅〜武蔵小杉駅間)の連続立体交差などにも継続し予算が充てられている。

中原区版のトップニュース最新6

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

住宅地の上昇率、県3位

地価公示中原区

住宅地の上昇率、県3位 社会

台風被災地は伸び鈍化

3月27日号

花見行事 中止、縮小も

花見行事 中止、縮小も 社会

中原区も新型コロナ受け

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

レジェンド 最後の騎乗

川崎競馬場森下騎手

レジェンド 最後の騎乗 スポーツ

観客不在も笑顔みせ

3月20日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク