中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

パートナー制、7月導入へ 答申受け市長が明示

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
建石会長(左)から答申を受け取る市長
建石会長(左)から答申を受け取る市長

 福田紀彦川崎市長は25日、同性カップルをパートナーとして公的に認める「同性パートナーシップ制度」を7月1日に導入する方針を示した。川崎市人権施策推進協議会からの答申を受け、初めて具体的な日付を述べた。

 この日、同会の建石真公子会長が、性的少数者の人権に関する答申を提出し、「市として必ず制度の導入をすべき」と提案。福田市長は「早期に実現すべく手続きを進めたい」と回答し、導入日について「できれば7月1日から施行したい」と示した。福田市長は以前から導入に前向きな姿勢を示していたが、明確な時期を示すのは初めて。

 川崎市市民文化局人権・男女共同参画室は、4月中に文教委員会へ説明会を行い、パブリックコメントで市民の意見を集約し、7月の施行を目指すとしている。

市民団体「早期実現願う」

 同制度は、同性同士など法律で婚姻が認められていないカップルの関係を自治体が認めるもの。公営住宅への入居や医療行為の説明など、自治体が定めるサービスを受けられるようになる。2015年に渋谷区、世田谷区で導入されたのを皮切りに全国で広がり、3月末時点で横須賀市や横浜市など34自治体が実施。約30自治体が導入を決定・検討している。川崎市では、首長の権限で策定できる要綱での導入を予定。議会を通さない分、早期の施行につなげたいとする。

 制度導入をめぐっては、18年6月に導入を求める「自治体にパートナーシップ制度を求める会」の市内在住メンバーが市に、制度創設に向けた協議開始の陳情を提出。7月に文教委員会で審査され、「一人ひとりの尊厳を大切にする」視点から賛成の声があがった一方、制度悪用を懸念する声も聞かれるなど、議員間の受け止め方に温度差があったことから継続審査となっていた。

 福田市長の発言を受け、同会は「導入済みの自治体と比べ、同じ納税者でもサービスに差がある状況。早期に実現していただきたい。ゆくゆくは県内での制度の相互利用にもつながることを期待する」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

会員店舗に一律5万円

新丸子東口商店街

会員店舗に一律5万円 経済

コロナ支援で、会長即決

5月22日号

「お子様カレー」で支援

【Web限定記事】川崎中ロータリークラブ

「お子様カレー」で支援 社会

新日本学園の80人に

5月22日号

歩行デッキ整備へ

小杉駅北口

歩行デッキ整備へ 社会

市、まちづくり案示す

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

連休、混雑を懸念

ブレーメン通り商店街

連休、混雑を懸念 社会

4月下旬、買い物客2割増

5月1日号

「不安・危険」4割、対策へ

市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

国籍や治安で実感、増加

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク