中原区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 「いのちの電話」へ寄付 LCから100万円

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
目録を手にする金子理事長(左)と山本ガバナー
目録を手にする金子理事長(左)と山本ガバナー

 川崎リバティライオンズクラブ(中原区)の山本直正氏がガバナーを務めるライオンズクラブ国際協会330─B地区の会員らが5月19日、社会福祉法人川崎いのちの電話へ活動資金として100万円を寄付した。

 例年、同クラブの総会の壇上で手渡していたが、今年は新型コロナウイルスの影響を受け会は中止。ガバナー自ら事務局へ赴き、同法人の金子圭賢理事長へ目録を手渡した。金子理事長は「相談員は自腹で研修を受けている。収益事業は行っておらず、補助金や寄付金で活動している我々にとって、非常に貴重でありがたい」と感謝を述べた。

 川崎いのちの電話は、1986年に開局。自殺防止のための電話相談をボランティア相談員が24時間体制で受け付けている。相談員不足などの課題を抱えながら、自殺者を少しでも減らし、明るく健康な社会をつくることを目的に尽力している。緊急事態宣言を受けて一時相談受付を停止していたが、5月7日から再開した。

 山本ガバナーは「心の病を抱えている人は多い。無償で行う電話相談は素晴らしい活動。派手な宣伝活動などを控えているため、何か手伝えないかと考えていた。運営の一助となれば嬉しい」と話していた。

中原区版のローカルニュース最新6

今年誕生の新生児に支給

じもと応援券

今年誕生の新生児に支給 経済

利用期間3月末まで延長

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月24日号

衣装でイベント下支え

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

親子で楽しむサッカー教室

川崎フロンターレ応援特集

親子で楽しむサッカー教室 スポーツ

11月、川崎Fコーチが指導

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook