中原区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

【Web限定記事】川崎市 待機児童12人、中原区は1人 未就学児減少も申請増加

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は4月1日時点で保育所などに入れなかった市内の待機児童数が、前年比2人減の12人だったと今月発表した。区別では幸区が10人と最も多く、中原区と川崎区が1人ずつと続いた。

 市内の就学前児童数は前年比818人減の7万9591人だったのに対し、保育所等の利用申請者数は1272人増えて過去最多の3万4743人に。利用児童数も過去最多で、1597人増の3万2296人となった。就学前児童数に対する利用児童数の割合は市全体で40・6%だった。

 市によると、大規模集合住宅の開発に伴う転入増などで、一部地区で申請者数が増加。子育てと社会参加の両立を目指す若年層の増加が背景にあるとしている。

「保留」減少傾向に

 希望の保育所などに入れなかった市内の保留児童数は2447人で、前年比325人減。中原区では前年から95人減り564人となったが、区内では最多となった。

 多様化する保護者のニーズに応えようと、市は認可保育所の整備に加え、川崎認定保育園の活用や年度限定型保育事業により受け入れ枠を拡充。今年度の取り組みとして、さらに1492人分を確保するとしている。引き続き、各区役所での相談や支援、保育の質向上にも力を入れていく。福田紀彦市長は今月12日の会見で、「昨年は集中的に中原区の整備を進めてきたが、幸区では新たな集合住宅の建設等の要因で申請者が増えている。保育の質を担保しながら、多様な受け入れ枠をつくることが大事。認可外の川崎認定などをうまく連携させてやっていきたい」と語った。

中原区版のローカルニュース最新6

学力・学習状況調査

学力・学習状況調査 教育

川崎市、全国平均上回る

9月17日号

室内で多摩川体験

室内で多摩川体験 教育

新丸子こ文に親子15人

9月17日号

黒木 登志夫さん

がん研究の第一人者で、川崎市文化賞を受賞した

黒木 登志夫さん 文化

上小田中在住 85歳

9月17日号

路地裏でつまみぐい

路地裏でつまみぐい 経済

新丸子で18日から

9月17日号

中原区構想で新方針

都市マス

中原区構想で新方針 社会

策定14年、環境変化受け

9月17日号

6人2団体が受賞

市文化賞等

6人2団体が受賞 文化

中原区からは黒木さん

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook