中原区版 エリアトップへ

2020年5月の記事一覧

  • 異年齢の友達を作ろう

    異年齢の友達を作ろう

    中原区子ども会連合会会長 小笠原茂春

     子ども会は中原区の未就学児や小中学、高校生を含めた「異年齢集団活動」として、学年や地域も異なるつながりを大切に活動を行っています。昨年の秋は台風被害...(続きを読む)

    5月1日号

  • オンライン授業 無償提供

    富士通オープンカレッジ武蔵小杉校 【Web限定記事】

    オンライン授業 無償提供 文化

    「子どもたちを笑顔に」

     新型コロナウイルスの影響で休校が続くなか、区内のプログラミング教室・富士通オープンカレッジ武蔵小杉校(運営:株式会社アルファメディア/小湊宏之代表)は、無償で...(続きを読む)

    5月1日号

  • 中原っ子のいまむかし 大正期の定番「武者人形」

    地元で育った子どもたちの遊び方の変遷をたどりました

    中原っ子のいまむかし 大正期の定番「武者人形」 文化

    市民ミュージアムで収蔵

     5月5日は端午の節句。男子の健やかな成長を祈り、古くから五月人形が贈られてきた。  川崎市市民ミュージアムの民俗担当学...(続きを読む)

    5月1日号

  • 中原っ子のいまむかし

    地元で育った子どもたちの遊び方の変遷をたどりました

    中原っ子のいまむかし 社会

    1940年代 遊び道具は全て手づくり 「川崎堀でうなぎを獲ったり、丸太のどんどん橋から飛び込んだり、アケビをとって食べたり...(続きを読む)

    5月1日号

  • 中原っ子のいまむかし

    地元で育った子どもたちの遊び方の変遷をたどりました

    中原っ子のいまむかし 社会

    1960年代 「どうしたら楽しく 遊べるか、考えていた」 「小学生の頃はおもちゃが無かったから、缶蹴りやゴム跳び、ろう石で...(続きを読む)

    5月1日号

  • 中原っ子のいまむかし

    地元で育った子どもたちの遊び方の変遷をたどりました

    中原っ子のいまむかし 文化

    2010年代 地域は皆で遊べる場 母校の大戸小学校について「好きな遊具は『ししやま』。土管があって、みんなで遊んでいました...(続きを読む)

    5月1日号

  • テイクアウトで「自宅グルメ」を

    【Web限定記事】

    テイクアウトで「自宅グルメ」を 社会

     新型コロナウイルスの影響により外出自粛が求められるなか、中原区はテイクアウトが可能な飲食店を区ウェブサイトで紹介している。武蔵小杉周辺では地図を用いて60の店...(続きを読む)

    5月1日号

  • 遊具の利用中止に

    【web】限定記事

    遊具の利用中止に 社会

    公園内での「密」対策

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市内公園の遊具が一部利用中止となる。期間は、2020年4月25日(土)から。 区内で対象となるのは...(続きを読む)

    5月1日号

無料で資格!川崎で介護スタート

無料で資格を取得して川崎市内で介護スタッフとして働きませんか?

http://kawasaki-kaigo.com/

<PR>

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook