中原区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

発足20周年を迎えた、川崎古式消防記念会の会長を務める 木村 政彦さん 幸区下平間在住 76歳

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

感謝を胸に、伝統守る

 ○…木遣り、まとい振り、はしご乗りなど古式消防の伝統を今に伝えようと、昭和29年から続いた組織を再編し20年。鳶職や大工などの職人だけでなく一般市民も受け入れ、現会員は90人ほど。「木造住宅が減り、職人の数も少なくなった」と会員減を危惧するが、重んじているのは人とのつながり。「伝統を通して人と交流できるのが日本人の良いところ。会長として連携を図りながら組織を存続させていく」

 ○…父は工務店を経営し、住み込みの従業員が数人いる家庭で育った。建物を移動させる曳家(ひきや)という職種に「大変そうで継ぎたくなかった」と、大学進学を見据え日大高校へ。それでも働く父の背中をみるうちに、長男としての責任感が芽生え就職。「逆らうと鉄拳制裁は当たり前」――そんな父だったが、35歳で経営を譲り受けた時に「よく後を継いでくれたな」と初めて労いの言葉が。「嬉しかったね。今度は俺が父と従業員の生活を守っていくんだと」。大黒柱として30年間、その思いを貫いた。

 ○…酒やたばこは一切しない。「酒を呑んで従業員同士がけんかする姿を子どもの頃よく見てね。トラウマでいまだに晩酌もしないよ」。健康第一で、毎日歩いたり自転車をこいだり。御朱印帳を手に全国の寺院に出向くのも趣味。4年かけて四国八十八の霊場も巡った。「手を合わすと心が洗われるんだ。人に支えられて自分がある。そんな感謝を込めてね」

 ○…新型コロナの影響で周年式典などは取りやめたが、伝統を伝える機会は模索している。「はんてんやわらじなど装束に憧れる方も多い。まずは気軽に触れてみてほしいね」。3人の子と孫の成長も生きがいだ。「せめて85歳位までは見届けたいね」。後進や家族へその背中を見せ続ける。

中原区版の人物風土記最新6

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

青柳 嘉隆さん

陣屋二丁目のドッジボールチームの監督として中子連の大会で5連覇させた

青柳 嘉隆さん

井田在住 63歳

8月13日号

西 智弘さん

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う

西 智弘さん

井田在住 41歳

8月6日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に6月に就任した

堀田 彰恵さん

今井上町在勤 60歳

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook